たかいわ勇樹の徒然なる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐崎一路 吸血姫は薔薇色の夢をみる

<<   作成日時 : 2014/11/02 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 3連休も1日目が終わった今日この頃、皆様に置かれましてはいかがお過ごしでしょうか。
 私はと申しますと、積み本を消化しようとはしているのですが、1冊読み終わる前にまた追加の本を買ってしまう有様で、何で読みたい本、読みたくなる本がこういう時に立て続けに出るかなと思うわけです。とは言え楽しんで読んでるわけですから贅沢な悩みと言ったらそれまでなんですけど。
 そんな状態が先週くらいから続いてまして、今回はそうして読んだ本の中から「吸血姫は薔薇色の夢をみる」を紹介します。

 こちらは「小説家になろう」サイトに掲載されていたのが同サイトの開催する第2回エリュシオンライトノベルコンテスト「なろうコン大賞」受賞作として紙媒体で出版された作品でして、私も既にサイトで全編読んでますが、この手の書籍化には良くある加筆修正や書き下ろし短編とかがあるので買って読んでます。
 ストーリーは現実世界で事故に遭って死んだ少年が生前プレイしていたゲームのPC<緋雪>に転生するという、最近ライトノベルで良く見られる異世界転生物で、転生後の緋雪は周りの誰もが振り向く美少女吸血姫で、戦闘力も半端ないというのも良くある展開ですね。私もその辺に惹かれて購入したわけではないと書いたら嘘になります(汗)。
 けどこの作品が他と一線を画するのは、ゲームで集めて育てたモンスターが転生後も付いてきていて、しかもこの手のモンスターはゲームで仲間にすると戦闘力がPCに合わせて弱体化するものですが、転生後はゲームで敵として登場していた時レベルの戦闘力になっていんですね。当然緋雪よりも圧倒的に強くて、やたらと人類侵略とか殲滅したがるくせに、彼女には絶対的に従うと来てますから、内心ガクブルしながら魔帝国の主として振る舞う緋雪の様子に思わずニヤニヤしてしまいます。
 で、転生先の世界(ゲームのそれとは違うようです)の状況を掴もうとして色々な状況に巻き込まれ、気が付いたら成り行きで人類の国をどんどん支配していってますから痛快やらおかしいやら。
 とは言え『神』と言われる存在が緋雪にご執心のようですし、2巻から緋雪と互角かそれ以上の戦闘力を持つ他のPCが登場しますから、無双だけじゃ物足りないという方もどうぞ安心して見て下さい。
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

吸血姫は薔薇色の夢をみる 1 イノセント・ヴァンパイア
新紀元社
佐崎 一路

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 吸血姫は薔薇色の夢をみる 1 イノセント・ヴァンパイア の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


吸血姫は薔薇色の夢をみる 2 ハウリング・ゾアン
新紀元社
佐崎 一路

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 吸血姫は薔薇色の夢をみる 2 ハウリング・ゾアン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
佐崎一路 吸血姫は薔薇色の夢をみる たかいわ勇樹の徒然なる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる