たかいわ勇樹の徒然なる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 高倍率ズームレンズ導入

<<   作成日時 : 2014/10/19 17:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 私が持っているデジタル一眼レフ用のレンズで最も倍率が高いのは、Nikon D90を買った時にセットで付いてきたAF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VRで、本体をD7100に買い替えてからもそのまま使ってましたが、もっと遠くまで撮れるレンズがあればと思った事が以前から何度かありまして、先日の皆既月食が最後の一押しとなりました。
画像
 真ん中にポツンと赤い月が写っていますけど、これがその時の手持ちの最高倍率だったんです。
 かくも物足りない結果になれば、もっと倍率の高いズームレンズが欲しいと思うのも納得がいくでしょう。
 それで広角域のミリ数とF値がこれまでのレンズと同じくらいで、かつ最大のミリ数が大きいレンズを探して見つけたのがTAMRONの16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACROです。
画像
画像
 こちらが箱から出したレンズと、D7100に装着した写真です。
 前から使っているNIKKORと比べて若干長さと重量がありますが、バランス的にも首に掛けて歩く分にも問題ありません。

 と言うわけで試写に掛かりますが、今回は望遠の性能も最大まで試したいので外へ出て撮影しました。
 緑道のまっすぐ伸びた所へ三脚を置きまして、そこから三十三間堂の通し矢よろしく最小と最高の倍率で撮影してみました。
画像
画像
 まずは前から使っているAF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VRで撮影した写真です。
 最大の105mmで撮影した写真で、向こうに杭が立っているのを覚えておいて下さい。
画像
画像
 次が新しく買ったTAMRONの16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACROで撮影した写真です。
 杭がより大きく写っていて、数字的に前の約3倍、300mmの性能が一目瞭然です。

 メーカーのサイトや楽天市場のレビューでも、手の届く距離から遠くまで広い範囲をカバーしているので、タイミングが限られたシーンでレンズ交換の手間が要らず、広角、標準、望遠と瞬時に切り替えて撮影できるという利点が紹介されてまして、私もそう言った撮影距離の幅が広いイベントなどで活用していきたいと思ってます。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
高倍率ズームレンズ導入 たかいわ勇樹の徒然なる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる