たかいわ勇樹の徒然なる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界の杖・ステッキ その2

<<   作成日時 : 2013/03/03 19:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 さて、杖・ステッキの本の紹介を続けましょう。
 この本の中でかなりのページ数を割いているのが仕込み杖の章で、ステッキに隠された様々なギミックは創作のネタになるし、普通に見ていても遊び心たっぷりで楽しいです。

画像
 例えばこちらは左ページに望遠鏡、右ページ右下に筆記用具、そして右ページ上部にはスパイカメラを隠した仕込み杖が掲載されてます。
 特にスパイカメラは探偵・スパイ物の創作に登場しそうで格好いいですよね。

画像
画像
 それからこちらはパイプや煙草を隠した仕込み杖です。
 煙草を吸うのにもこんな遊び心を持つのかと最初は思いましたが、もしかして家族などに隠れて煙草を吸うためにこうして隠していたのでしょうかね(笑)。
画像
 隠れてと言えば、こちらのようにダイス(おそらく博打用)や、アヘン吸入用パイプを隠したステッキ(左上)までもありました。アヘン用なんて洒落にならない物まで出す所が凄いやら呆れるやら。

画像
画像
画像
  他にも笛やナイフ・フォーク、ウイスキーボトルと可愛いグラス付き(こちらは今でも売られています)など、色々な道具を仕込んだ仕込み杖が登場しますが、やっぱり仕込み杖と言えば隠し武器でしょう。
 鞭、斧、槍と、バラエティーに富んだ武器が紹介されてますが、私的には剣が一番好きですね。
 だから拙作「新宿仮面舞踏会」でもステッキに仕込んだ剣を出してるわけでして。
画像
画像
 けど実際の所、仕込み杖の武器というのは他人にそうと分からないように携帯して、敵の不意を突くという点に特化していて、武器としての性能はそれほど高くない事はよく分かってます。
 上の写真の仕込み銃にしても、命中精度は低く、至近距離で突きつけて威嚇するなどにしか使えなかったでしょうし、針が飛び出す仕込み杖を始め、一度出したら二度目以降の優位性は大きく下がる事も分かってます。
 でも、ある種のロマンを感じるから、持ちたくなるんですよね、創作で出したくなるんですよね……

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
世界の杖・ステッキ その2 たかいわ勇樹の徒然なる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる