たかいわ勇樹の徒然なる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 木尾士目 げんしけん第11巻 二代目の弐

<<   作成日時 : 2011/12/22 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 以前こちらのブログで木尾士目先生の漫画「げんしけん」第10巻 二代目の壱を紹介した時、タイトルの巻数を間違えて11巻と書いたせいで、記事への来訪者が異様に増えた事がありまして、慌てて修正したもののしばらくは11巻の検索ワードで来訪者が続きました。
 今度こそ、本当に11巻の紹介と感想を書くので安心してご覧下さい。

 今回はコミフェスの話が大半を占め、予想に違わずと言うべきか男の娘・波戸君がほとんどの筋書きに絡んでます。
 まあインパクトのあるキャラクターを中心に話を回すのは商業作品として当然の手法ですし、荻上やスーを始め周りのキャラクター陣もそれぞれの役回りをしっかり確立してますから、1人のキャラクターに話の中心が偏りすぎるという事態が起こる怖れはないかと。強いて言えば波戸君と同期で入った『普通の』腐女子キャラ、吉武と矢島をクローズアップした話をこの先出して欲しいなと思うくらいですか。
 それからこの巻で渋い存在感を見せてくれたのが藪崎さんで、入学当初は荻上と対立して彼女が現視研に転がり込む一因を作り、関西弁キャラのステレオタイプというのか我が強く口も悪いものの、他人の事をしっかり見ているので、紆余曲折あっていつしか荻上と一緒にコミフェスにサークル参加するまでになった人です。何だかんだ言っても面倒見は良くて、現視研の行動がおかしな方向に逸れたらビシッと一喝して修正する押しの強さに加え、荻上の中学時代のトラウマを知る当時の同級生が現れて一触即発の雰囲気になっても大人の対応で上手く流すという具合に、硬軟の使い分けができる人はなかなかいませんよ。私もコミュニケーション能力が高いとは言えませんから、ああいう友人がいればな〜と切実に思います。

げんしけん 二代目の弐(11) (アフタヌーンKC)
講談社
2011-12-22
木尾 士目

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by げんしけん 二代目の弐(11) (アフタヌーンKC) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
げんしけん二代目の弐
げんしけん 二代目の弐(11) (アフタヌーンKC)クリエーター情報なし講談社 ...続きを見る
はあどぼいるど・えっぐ
2011/12/27 09:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
木尾士目 げんしけん第11巻 二代目の弐 たかいわ勇樹の徒然なる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる