テーマ:漫画

天酒之瓢:原作 加藤拓弐:漫画 ナイツ&マジック第1巻

 シルバーウィークが終わるまであと1時間もない今日この頃、皆様に置かれましてはいかがお過ごしでしょうか。  このシルバーウィークは私が狙っていた本の発売日が重なりまして、今回はそのうちの1つ、「ナイツ&マジック」のコミカライズ版の紹介と感想を書きます。  小説家になろうサイトから書籍化された、同サイトに掲載されている作品で特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大和田秀樹 疾風の勇人第1巻

 モーニングで連載されている、「10年間で国民所得を2倍にする」という明快な宣言をして、且つそれを実現させた事で知られる内閣総理大臣・池田勇人を主人公にした漫画「疾風の勇人」の第1巻が先日発売されまして、私も読みましたので紹介と感想を書きます。  GHQ占領下の日本を舞台に、日本の独立を取り戻そうと池田達が戦いを繰り広げる、戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大月悠祐子 ど根性ガエルの娘第1巻

 ど根性ガエルと言えば、テレビCMにキャラクターが出たり、最近も実写ドラマになったりして、直接作品を見ていない方でも知っている人は多いと思います。  その漫画「ど根性ガエル」の作者、吉沢やすみ先生の娘で自身も「ギャラクシーエンジェル」などの作品で知られる漫画家・大月悠祐子先生が、吉沢やすみ先生とその一家の崩壊と再生を描いた「ど根性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

守村大 まんが新白河原人 ウーパ!第1巻

 私が学校に通っていた頃は9月から新学期でしたけど、今は8月のうちに新学期になっている学校もあるみたいですね。  そんな事を考えていると、つくづく学校を出てから年月が経ったものだなと痛感します。て言うか、結婚して子供がいればそういうのは嫌でも分かるよなとたった今気付きました(む~)。  ともかく、今回紹介する本は守村大先生の漫画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光永康則 カコとニセ探偵第1巻

 ALI PROJECTのファン歴が長い人でしたら、アニメ「怪物王女」のED曲「跪いて足をお嘗め」をご存じと思います。  あの曲はアリプロの黒アリ曲の中でもSMチックな歌詞が強烈でしたね。  さて、その「怪物王女」の原作者・光永康則先生が現在週刊ヤングジャンプで連載中の漫画「カコとニセ探偵」の単行本第1巻が先週発売されまして、私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーサ・イェークストロム 北欧女子オーサが見つけた日本の不思議

 ブログから話題になって書籍化された漫画と言えば、「中国嫁日記」が有名ですが、今回紹介する「北欧女子オーサが見つけた日本の不思議」もブログに連載された漫画が書籍化された作品です。  私がこちらを知ったのは、最初が週刊アスキーの記事で紹介されているのを見て「へ~そんな漫画がネットにアップされてるんだ」と思いつつもすっかり忘れてしまい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KAKERU 魔法少女プリティ☆ベル第16巻

 今日フェスティバルウォーク蘇我へ行く前に、KAKERU先生の漫画「魔法少女プリティ☆ベル」単行本16巻を本屋で買いまして、早速ですが簡潔ながら感想をば。  今回の表紙に登場するロリなキャラクターは「散らかし砲器」レティシアですが、こちらの二つ名は書き間違いではありません(笑)。  これだけでもかなり厄介そうだと想像できるで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北島行徳:シナリオ 小玉有起:漫画 ハマトラ THE COMIC3

 リプライハマトラのアニメが終わって随分経ちますけど、録画が最終回の1つ前の話を間違えてレコーダーから削除してしまったので、未だにブルーレイにダビングしてないんですよ。市販のDVD、ブルーレイは出てるけど買うと高いし、そっちのダビングは違法だし、どうしようかと日々悩んでます。  さてハマトラと言いますと、漫画版の単行本2巻が先日発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KAKERU 魔法少女プリティ☆ベル第15巻

 月刊コミックブレイドがオンライン化されまして、一部の作品は月刊コミックガーデンに移りましたが、お気に入りの作品の大部分はオンラインになっちゃいました。今回単行本15巻の感想を書くKAKERU先生の漫画「魔法少女プリティ☆ベル」もその1つです。  まあ連載が紙媒体からオンラインに変わったと言っても、作品の雰囲気に変わりは無く、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井上純一 中国嫁日記四

 井上純一先生のブログ「中国嫁日記」の第4巻ですが、今回は店頭買いしたら、ニコニコカドカワ祭りと言う事でシリアルコード付きカードを貰いました。特に欲しい賞品もないので、これまで貰ったシリアルコードはニコニコポイントを選んで溜めてますけど、何に使えば良いのやら……  さて、4巻にもなりますと、嫁日記と言うより月とジンサン、その周…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西餅 ハルロック第3巻

 正月以来こちらの日記はご無沙汰ですが、Twitterの方で生存報告してるので心配している方はいないでしょうけど、生きてます。  と言うわけで、西餅先生の漫画「ハルロック」の第3巻を本日読了しましたので紹介と感想をば。  相変わらず電子工作の布教のため、色々な装置を開発している晴ですが、リアルでもちょっと話題になったMake…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桂明日香 わくらばん第4巻

 3連休の中日も日が落ちて、今日は本の整理をしたので積み本の消化が進んでません。  今夜に1冊読み終わるかな~という見通しの今日この頃、皆様に置かれましてはいかがお過ごしでしょうか。  と言うわけで、今日は桂明日香先生の漫画「わくらばん」最終巻の紹介と感想をお送りします。  この4巻でこれまでずっと謎だった、葵がわくらばに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西餅 ハルロック第2巻

 電子工作女子の日常を描いた西餅先生の漫画「ハルロック」の第2巻が出まして、私も今日読みましたので紹介と感想を書きます。  電子工作がもっと普及すれば、自分が奇異の目で見られる事も無くなるのではないかと考え、晴は知人などの要望や困り事を電子工作で解決しようという布教活動を始めまして、デート実現装置や、留守中の猫の行動をツイッタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KAKERU 魔法少女プリティ☆ベル第14巻

 え~、KAKERU先生の漫画「魔法少女プリティ☆ベル」14巻が出まして、私も購入、読了したので紹介と感想を書こうと思うのですが……正直最初に言いたい事はすぐ浮かびましたよ。かなり悪い意味でですが(溜息)。  それが何かと尋ねたら、  エロ要素多すぎ。  これに尽きます。  もちろん最終的な一線は踏み留まってます(と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西餅 ハルロック第1巻

 大学の授業が終わったら、すぐ帰宅かアキバの二択。  そういう女の子と言ったら、最近の漫画とかで培われたイメージもあって、大体の人が腐女子と思うでしょう。  ところが今回紹介する西餅先生の漫画「ハルロック」の主人公・向阪晴は、アキバのパーツ屋、ジャンク屋を回る電子工作女子なのです。  ちっちゃな頃はドライバーで分解魔、高校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北島行徳:シナリオ 小玉有起:漫画 ハマトラ THE COMIC2

 世間では夏の新作アニメも出揃いまして、私は「Re:␣ハマトラ(リプライ ハマトラ)」と「六畳間の侵略者!?」を見てますが、ネット上に出ている人気アニメのピックアップを見るとどちらも上位には入っておらず、それでも「自分が楽しいんだから良いか」と結論する今日この頃、皆様に置かれましてはいかがお過ごしでしょうか。  さて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桂明日香 わくらばん第3巻

 ああ、ゴールデンウィークが終わってしまう……  とりあえず今の私の心はその一言で説明が付いてしまうんですけど、それだと身も蓋もないでしょうから、しばらくご無沙汰していた本の紹介と感想を書こうと思います。  今回は林明日香先生の漫画「わくらばん」の単行本第3巻です。  前巻の終わりで登場した葵の妹・藍が、この巻から本格的に登場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 テルマエ・ロマエ2

 今年のゴールデンウィークは飛び石連休で、私もその飛び石で午前中、映画「テルマエ・ロマエ2」を見てきました。  前作は原作漫画の筋書きがストーリーの多くを占めていましたが、今回はルシウスがグラディエーターのための浴場のアイデアに悩んでいるうち、現代日本の力士達が入っている浴場にタイムスリップするのを始め、オリジナルのストーリーが大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KAKERU 魔法少女プリティ☆ベル第13巻

 世間では花粉がたくさん飛びまして、私もいささか鼻水が出たり喉が痛かったりしますけど、もっと症状が深刻な人もいますから、愚痴はこの程度にして花粉が収まるまでマスクを付けてしのぐのです。  と言うわけで関係はありませんけど(毎度の事ですが)、KAKERU先生の漫画「魔法少女プリティ☆ベル」13巻の紹介と感想を書こうと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北島行徳:シナリオ 小玉有起:漫画 ハマトラ THE COMIC1

 現在横浜を舞台に特殊能力者の探偵コンビが、同じ特殊能力者がらみの事件を追うアニメ「ハマトラ」が放送中ですが、ヤングジャンプで連載している、アニメより前の時期を舞台にした漫画版の単行本が出まして、私も日曜日に読みました。  横浜で探偵事務所を営む少年・ナイスと、彼を国家エリート養成機関「駿才学園(ファクルターズ)」に連れ戻す任…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井上純一 中国嫁日記三

 井上純一先生のブログ「中国嫁日記」の第3巻が14日に出ましたが、ネット注文で買ったから色々発送とかのタイミングが悪くて届いたのは先週明け、その後も色々あって、ようやくこちらに感想を書く事ができます。  この巻の収録分から私がリアルタイムでブログを見始めた頃の話が掲載されてまして、ブログでは諸般の事情で線画だった話も単行本化に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木尾士目 げんしけん第15巻 二代目の六

 先月発売された木尾士目先生に漫画「げんしけん第15巻 二代目の六」が、冬のコミフェスを中心に収録されているから時期的に紹介と感想を書くにはちょうど良いかな、それともアウトかな、皆さんどう思いますか?  まあどっちの答えが返ってきても書きますけど(笑)。  前巻から斑目モテ期到来!? な感じで続いてますけど、その影響で波戸君…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KAKERU 魔法少女プリティ☆ベル第12巻

 世間では12月に入りまして、私も仕事が忙しかったりその他諸々の理由でブログの更新が滞っておりました。  と言うわけで明日からまた忙しくなりますが、その前にKAKERU先生の漫画「魔法少女プリティ☆ベル」12巻の紹介と感想を書きますね。  長く続いたルラとの戦いもようやく決着が付きましたが、厚志・エリ達は今度は天界を相手にす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桂明日香 わくらばん第2巻

 週刊アスキーで連載中されている、桂明日香先生の漫画「わくらばん」の単行本第2巻が先日出ましたけど、諸般の事情により今日ようやく感想を書けました。  この巻では表紙にも登場している真白の幼なじみの女の子・橙子がわくらばに引っ越してきます。──と書くと、真白を巡る女の子達の関係に一波乱起きるように思えますが、橙子は真白の事をかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うえお久光:原作 綱島志朗:作画 紫色のクオリア第3巻

 うえお久光先生の小説を、イラストを担当した綱島志朗先生によって漫画化した「紫色のクオリア」も第3巻が出まして、これでようやく完結なのです。  全巻を通しての感想を言うと、原作を忠実にコミカライズされていて、かつ原作のイメージをしっかり補完してくれていたと思います。  この3巻についても、前巻に続いてマナブがゆかりを死から救…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮崎克:原作 吉本浩二:漫画 ブラック・ジャック創作秘話4~手塚治虫の仕事場から~

 先週「ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~」の4巻が出まして、今日読みましたので紹介と感想を書きます。  それにしても単行本の刊行ペース早いですね~前巻から4ヶ月くらいしか開いてませんよ。  今回収録されている話で気に入っているのは手塚先生の長男・手塚眞氏のエピソードと、「ブラック・ジャック」連載時に手塚先生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KAKERU 魔法少女プリティ☆ベル第11巻

 世間はコミケ明けで、加えてお盆休みに入った事もありまして、漫画関連は同人誌関連の話題に行きがちかも知れませんけど、出る物は出てるんですね、これが。  例えば漫画なら、KAKERU先生の「魔法少女プリティ☆ベル」11巻で、今回はこちらの紹介と感想を書こうと思います。  前巻における西の魔王ベルベリオン重傷に続き、今回はとうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まさかあの作品の特別編が

 昨日発売のイブニングで、日本橋ヨヲコ先生の10年以上も前の作品で、創造者の書庫サイトでも紹介している「極東学園天国」の特別編が掲載されてまして、何で今になってと思いながら見てみたら、同日に新装版の1、2巻が出るそうで、その宣伝を兼ねているようでした。  キャラクターも話もかなり癖の強い作品ですが、当時も心に響く台詞が多く、私のよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島耕作 社長退任のニュース

 今日発売のモーニングで、島耕作がテコットの社長を退任して会長に就任しましたが、今朝ラジオでその事をニュースで報じてました。  社長に就任した時はモーニングだけでなく他の雑誌でも話題になってましたけど、こうもリアルの企業の出来事並に扱われるとは、それだけ多くの人に読まれ、認知されているという事でしょうか。 にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマザキマリ テルマエ・ロマエ第6巻

 ヤマザキマリ先生の漫画「テルマエ・ロマエ」の最終巻が今週発売されて、私も発売日に買って読みました。  かのユリウス・カエサルは「来た、見た、勝った」という言葉を残していますが、私がこの本を読んで思い浮かんだフレーズは「買った、読んだ、完結した」です(笑)。  さて、上でも書いた通りテルマエ・ロマエも最終巻で、ルシウスとさつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more