テーマ:

トーマス・ヘイガー:著 久保美代子:翻訳 歴史を変えた10の薬

 桜の花もこちらではだいぶ散りまして、枝には葉の緑が目立ってきた今日この頃、皆様に置かれましてはいかがお過ごしでしょうか。  世間では緊急事態宣言が明けてから、テレビ番組では花見や飲食店で宴会に興じる人達の姿が流れ、日本国民全体からすれば少数派なのでしょうけど、新型コロナウイルスワクチンの一般への接種はまだまだ先なのですから気を緩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中村颯希 貴腐人ローザは陰から愛を見守りたい2巻

 3月も半ばを過ぎまして、今年度もあと僅かとなった今日この頃、皆様に置かれましてはいかがお過ごしでしょうか。  今回紹介本は中村颯希先生の新作「貴腐人ローザは陰から愛を見守りたい」の第2巻を紹介します。  男同士の恋愛に妄想をたぎらせる伯爵令嬢ローザの、己の萌えを追及するための欲望と下心を燃料に突っ走る行動が、周囲には高潔な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐崎一路 あたしメリーさん。いま異世界にいるの……。2巻

 今年も早いもので、1月が終わりまして、2月も折り返し点に差し掛かろうとしています──  てな感じで軽くボケを飛ばしている今日この頃、皆様に置かれましてはいかがお過ごしでしょうか。  本日は以前こちらで紹介した佐崎一路先生の小説「あたしメリーさん。いま異世界にいるの……。」の2巻が先日発売されましたので紹介と感想をお送りします。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤坂アカ:原作 横槍メンゴ:漫画 推しの子第1巻

「もし芸能人の子供に生まれていたらと考えた事はある?」  そう訊かれたら、小市民な私ならこう答えます。 「そんな面倒臭い設定はお断りします」  上の質問は、現在ヤングジャンプで連載中の漫画「推しの子」の冒頭に出てくる台詞です。  この漫画は、アイドルオタクが色々あって(この辺りはとなりのヤングジャンプで第1話が読めますの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中村颯希 貴腐人ローザは陰から愛を見守りたい1巻

 今年も折り返し点を過ぎまして、ただでさえ東京オリンピックで夏コミは無く、新型コロナウィルスの影響でワンダーフェスティバルや東京ゲームショウ、更には来年の夏コミさえも開催されない状況で悶え苦しむ人達の心の叫びが全国のみならず全世界に轟いているだろう今日この頃(笑)、皆様に置かれましてはいかがお過ごしでしょうか。  さて今回紹介する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑賀礼史 真リアルバウトハイスクールXX

 今年は梅雨寒が続いて周囲には体調を崩した人がちらほらと出て、私も腹、喉、鼻水としっかり夏風邪の症状が出て、今でも鼻水に悩まされている今日この頃、皆様に置かれましてはいかがお過ごしでしょうか。  さて、こちらの更新も約3ヶ月弱ぶりとなりますが、今回は雑賀礼史先生の新作小説「真リアルバウトハイスクールXX」を紹介したいと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐崎一路 あたしメリーさん。いま異世界にいるの……。

 ゴールデンウィークも後半戦に入りまして、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。  私はと申しますと、色々やりたいこと、やらなくてはならないことが色々あるものの、つい目の前に楽しみに目を奪われて、それでも最低限これからに向けて体力作りと体を引き締めるため1日おきの筋トレはやっている所です。  さて、そんな中でも色々読んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天酒之瓢:原作 加藤拓弐:漫画 ナイツ&マジック第1巻

 シルバーウィークが終わるまであと1時間もない今日この頃、皆様に置かれましてはいかがお過ごしでしょうか。  このシルバーウィークは私が狙っていた本の発売日が重なりまして、今回はそのうちの1つ、「ナイツ&マジック」のコミカライズ版の紹介と感想を書きます。  小説家になろうサイトから書籍化された、同サイトに掲載されている作品で特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大和田秀樹 疾風の勇人第1巻

 モーニングで連載されている、「10年間で国民所得を2倍にする」という明快な宣言をして、且つそれを実現させた事で知られる内閣総理大臣・池田勇人を主人公にした漫画「疾風の勇人」の第1巻が先日発売されまして、私も読みましたので紹介と感想を書きます。  GHQ占領下の日本を舞台に、日本の独立を取り戻そうと池田達が戦いを繰り広げる、戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十文字青 Roman 冬の朝と聖なる夜を廻る君の物語(上)

 以前Sound Horizonのアルバム「Elysion 〜楽園幻想物語組曲〜」を十文字青先生がノベライズした「Elysion 二つの楽園を巡る物語」の感想をこちらで書きましたが、先月同じサンホラのアルバム「Roman」を十文字青先生によってノベライズした「Roman 冬の朝と聖なる夜を廻る君の物語」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くまなの くまクマ熊ベアー

 世間は一般的な仕事始めからおよそ2週間が過ぎまして、年末年始で溜まった仕事や年始の挨拶などの慌ただしい毎日からようやく落ち着いたと思われる今日この頃、皆様に置かれましてはいかがお過ごしでしょうか。  さて私はと申しますと、これまた一般的な社会人の1人として年始めの仕事を残業もしながらこなしていき、どうにか一段落付きつつも、その間にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大月悠祐子 ど根性ガエルの娘第1巻

 ど根性ガエルと言えば、テレビCMにキャラクターが出たり、最近も実写ドラマになったりして、直接作品を見ていない方でも知っている人は多いと思います。  その漫画「ど根性ガエル」の作者、吉沢やすみ先生の娘で自身も「ギャラクシーエンジェル」などの作品で知られる漫画家・大月悠祐子先生が、吉沢やすみ先生とその一家の崩壊と再生を描いた「ど根性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒うさP/WhiteFlame:原作 一斗まる:著・イラスト 小説 千本桜 四

 「小説 千本桜」のシリーズも、気が付けば四まで刊行されましたね。  既に9月の終わりに出ていたようですが、10月の後半に行きつけの書店で見つけるまで気付きませんでした(汗)。  前巻は二までと比べて重い過去や世界観が漂ってましたが、今回は「桜姫と雪鬼」の昔話を軸として、更にその傾向が強まってます。  特に終わり近くは未來…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀東招二 甘城ブリリアントパーク7

 今月賀東招二先生の小説「甘城ブリリアントパーク」の第7巻が発売されまして、私も昨日買ってその日のうちに最後まで読んでしまいました。読みやすいんですよね、内容的に。  今回はアクワーリオ改めエレメンタリオ(アニメの影響がここにも)の4人娘のプライベートを中心に書かれた短編集になってます。  火事でマンションを焼け出されたサー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

守村大 まんが新白河原人 ウーパ!第1巻

 私が学校に通っていた頃は9月から新学期でしたけど、今は8月のうちに新学期になっている学校もあるみたいですね。  そんな事を考えていると、つくづく学校を出てから年月が経ったものだなと痛感します。て言うか、結婚して子供がいればそういうのは嫌でも分かるよなとたった今気付きました(む~)。  ともかく、今回紹介する本は守村大先生の漫画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十文字青 Elysion 二つの楽園を巡る物語(下)

 Sound Horizonのアルバム「Elysion 〜楽園幻想物語組曲〜」を十文字青先生がノベライズした「Elysion 二つの楽園を巡る物語」の下巻が、先月下旬に発売されまして、私も今週読み終えましたので、感想を書きます。  下巻になりますと、仮面の男と少女以外がメインの話でそれぞれの『エリス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光永康則 カコとニセ探偵第1巻

 ALI PROJECTのファン歴が長い人でしたら、アニメ「怪物王女」のED曲「跪いて足をお嘗め」をご存じと思います。  あの曲はアリプロの黒アリ曲の中でもSMチックな歌詞が強烈でしたね。  さて、その「怪物王女」の原作者・光永康則先生が現在週刊ヤングジャンプで連載中の漫画「カコとニセ探偵」の単行本第1巻が先週発売されまして、私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀東招二 甘城ブリリアントパーク6

 昨日賀東招二先生の小説「甘城ブリリアントパーク」の第6巻が発売されたのを買って、思わず一気読みしたのですが、例によって色々ありまして、ようやく感想を書く事ができます。  大幅リニューアルや、その他様々なテコ入れで甘城ブリリアントパークの動員数アップを図る西也ですが、動員目標300万人の壁の厚さに流石の西也も頭を悩ませます(そ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

天酒之瓢 ナイツ&マジック5

 先週は寒の戻りで再び冬装備で外に出ていましたが、週明け以降の上着の選択は微妙かなと思う今日この頃、皆様に置かれましてはいかがお過ごしでしょうか。  さて、先週の段階で天酒之瓢先生の小説「ナイツ&マジック」の5巻を読了していたのですが、仕事などの理由で感想を描くのがすっかり遅れてしまいました。  前巻から続く大西域戦争編も、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーサ・イェークストロム 北欧女子オーサが見つけた日本の不思議

 ブログから話題になって書籍化された漫画と言えば、「中国嫁日記」が有名ですが、今回紹介する「北欧女子オーサが見つけた日本の不思議」もブログに連載された漫画が書籍化された作品です。  私がこちらを知ったのは、最初が週刊アスキーの記事で紹介されているのを見て「へ~そんな漫画がネットにアップされてるんだ」と思いつつもすっかり忘れてしまい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十文字青 Elysion 二つの楽園を巡る物語(上)

 Sound Horizonのアルバム「Elysion 〜楽園幻想物語組曲〜」を十文字青先生がノベライズした「Elysion 二つの楽園を巡る物語」の上巻を、他の本などと並行して少しずつ読み進め、コミケットスペシャルの開場前待ち時間に読み終えたのですが、諸般の事情により感想を書くのが遅くなってしまいました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KAKERU 魔法少女プリティ☆ベル第16巻

 今日フェスティバルウォーク蘇我へ行く前に、KAKERU先生の漫画「魔法少女プリティ☆ベル」単行本16巻を本屋で買いまして、早速ですが簡潔ながら感想をば。  今回の表紙に登場するロリなキャラクターは「散らかし砲器」レティシアですが、こちらの二つ名は書き間違いではありません(笑)。  これだけでもかなり厄介そうだと想像できるで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北島行徳:シナリオ 小玉有起:漫画 ハマトラ THE COMIC3

 リプライハマトラのアニメが終わって随分経ちますけど、録画が最終回の1つ前の話を間違えてレコーダーから削除してしまったので、未だにブルーレイにダビングしてないんですよ。市販のDVD、ブルーレイは出てるけど買うと高いし、そっちのダビングは違法だし、どうしようかと日々悩んでます。  さてハマトラと言いますと、漫画版の単行本2巻が先日発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KAKERU 魔法少女プリティ☆ベル第15巻

 月刊コミックブレイドがオンライン化されまして、一部の作品は月刊コミックガーデンに移りましたが、お気に入りの作品の大部分はオンラインになっちゃいました。今回単行本15巻の感想を書くKAKERU先生の漫画「魔法少女プリティ☆ベル」もその1つです。  まあ連載が紙媒体からオンラインに変わったと言っても、作品の雰囲気に変わりは無く、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井上純一 中国嫁日記四

 井上純一先生のブログ「中国嫁日記」の第4巻ですが、今回は店頭買いしたら、ニコニコカドカワ祭りと言う事でシリアルコード付きカードを貰いました。特に欲しい賞品もないので、これまで貰ったシリアルコードはニコニコポイントを選んで溜めてますけど、何に使えば良いのやら……  さて、4巻にもなりますと、嫁日記と言うより月とジンサン、その周…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BUNBUN画集 The Last Rose

 先月末、「BUNBUN画集 The Last Rose」が発売されまして、私は予約注文していたから入手できましたけど、楽天やAmazonでは品切れ状態になっております。  さて、内容を紹介しますと、昨年完結した十文字青先生の小説「薔薇のマリア」のイラストを集めた画集になってまして、文庫やザ・スニーカーの連載で掲載されたものは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西餅 ハルロック第3巻

 正月以来こちらの日記はご無沙汰ですが、Twitterの方で生存報告してるので心配している方はいないでしょうけど、生きてます。  と言うわけで、西餅先生の漫画「ハルロック」の第3巻を本日読了しましたので紹介と感想をば。  相変わらず電子工作の布教のため、色々な装置を開発している晴ですが、リアルでもちょっと話題になったMake…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野村美月 アルジャン・カレール -革命の英雄、或いは女王の菓子職人

 先月末、野村美月先生の新作小説「アルジャン・カレール ~革命の英雄、或いは女王の菓子職人~」上下巻が発売されまして、フランスをモデルにした架空の国が舞台で、菓子職人が主人公と言う事で買って読みました。  舞台は革命とその後の混乱、王政復古を経て平和と繁栄を取り戻した国フロリア。そこで動乱時に名を馳せた英雄アルジャン・カレール…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

桂明日香 わくらばん第4巻

 3連休の中日も日が落ちて、今日は本の整理をしたので積み本の消化が進んでません。  今夜に1冊読み終わるかな~という見通しの今日この頃、皆様に置かれましてはいかがお過ごしでしょうか。  と言うわけで、今日は桂明日香先生の漫画「わくらばん」最終巻の紹介と感想をお送りします。  この4巻でこれまでずっと謎だった、葵がわくらばに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐崎一路 吸血姫は薔薇色の夢をみる

 3連休も1日目が終わった今日この頃、皆様に置かれましてはいかがお過ごしでしょうか。  私はと申しますと、積み本を消化しようとはしているのですが、1冊読み終わる前にまた追加の本を買ってしまう有様で、何で読みたい本、読みたくなる本がこういう時に立て続けに出るかなと思うわけです。とは言え楽しんで読んでるわけですから贅沢な悩みと言ったら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more