この頃流行りのタワー型電源タップ

 パソコンその他、色々物欲や必要に従って買ってますと、まず問題になるのがお金、その次に悩むのが置き場所、それと同じか上下の順位に入るのが電源のコンセントでしょう。
 私の所もパソコンデータのバックアップで外付けハードディスクを新しく買うに当たり、現状だとコンセントが足りないので新しいのを買おうとネットで探していたら、おすすめのタイプの1つとしてタワー型電源タップというのが見つかりまして、これは便利そうだということでこれにしようと決めました。

 とは言うものの、一口にタワー型電源タップと申しましても既に複数のメーカーからかなりの種類が出てまして、どれにしようかと悩みましたが、ちょうどamazonでBEVAの12個口コンセント・5USBポートの電源タップがタイムセールで安く売ってましたので21日に注文しました。

画像
 そして翌日に届いたのがこちらです。
 電源タップのイラストや仕様などが印刷された、シンプルなデザインの箱です。

画像
 で、箱に入っていたのは電源タップ本体と、USBポートの使用説明書(英語)のみという、これまたシンプルな構成。まあ電源タップですから、私的にはこれで十分ですけどね。

画像
 ちなみにこちらが従来のパソコン周りの電源を写した写真です。
 6個口の電源タップに加え、うち1個は下にあるパソコンデスクの2個口電源タップにタコ足してまして、実質7個使っている状況です。

画像
 で、これらをタワー型電源タップに挿し替えたのがこちらです。
 コンセントが3つ穴なので、パソコンのプラグを2本に変換するアダプターを使わずに挿せるのが助かります。加えてコンセントの間が広めに作られているので、色々な形のコンセントを、アダプターを使わずに挿せるのも良いです。
 ちなみにこれから使う外付けハードディスクも含めて必要なコンセントは8個なのに、何故12個口の電源タップを買ったのかと申しますと、コンセントやコードの向きを考えて、1列2個口ずつの8個口だと挿せなかったり、挿し方に無理が出たりするかも知れなかったので、余裕を持たせようと思った次第です。

画像
 こちらが電源タップの正面を撮影した写真です。
 作動ランプが正常を示す緑色で(当然)、あとUSBポートが5つあります。

 と言う訳で、これでパソコン周りの電源に余裕が出ました。
 でもスペースはかなり厳しいので、この機に整理しないといけないかな?



"この頃流行りのタワー型電源タップ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント