中村光 聖☆おにいさん第3巻


 今やすっかりモーニング・ツーの顔になった中村光先生の漫画「聖☆おにいさん」ですが、先日お待ちかねの第3巻が出たので感想を書こうと思います。

 相変わらずブッダとイエスの聖人なのに俗っぽい言動と生活で、聖書や仏典も俗っぽく脚色されてしまいまして、日本だからこそ描ける聖人ネタが繰り広げられてますが、今回は大天使たちや梵天までもが登場して、聖俗共に(特に俗の方向で)幅が増えてます。何せ普通に考えればイエスの俗っぽさに歯止めを掛けるべき大天使はイエスの後を追って温泉旅行に行くわ、アイドルグループと嘘を吐くわ、梵天はブッダの漫画の続きが欲しくてあの手この手でやる気を出させようとするわ、本当に人間臭いったらありゃしません。まあ天使や神様でも息抜きや娯楽は必要なんでしょうね。ええ、そう言うことにしておきましょう。
 それに、旅行の時イエスがなかなか眠れなくて羊を数えようとしたら、迷える子羊を数えて涙する場面もあって、ああやっぱり聖人なんだなと思ったり。と言うかそういう聖人らしさがないとヤバい気がするし(笑)。
 まあ何だかんだ書きましたけど、聖書や仏典とかをコミカルにいじったネタが随所にちりばめられていますから、素直に楽しめば良いんですかね(書いておいて何ですけど)。

聖☆おにいさん 3 (3) (モーニングKC)
講談社
中村 光

ユーザレビュー:
次回はさらにマニアな ...
爆笑する程の内容では ...
心配になるぐらいの面 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

"中村光 聖☆おにいさん第3巻" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント