田口仙年堂 ガーゴイルおるたなてぃぶZERO


 田口仙年堂先生の「吉永さん家のガーゴイル」と「ガーゴイルおるたなてぃぶ」、それぞれの本編が終わってだいぶ経ちますが、FBSPに掲載された「ガーゴイルおるたなてぃぶ」の短編の他に書き下ろしを加えた短編集「ガーゴイルおるたなてぃぶZERO」が先日出まして、既に読み終えてますので紹介と感想を書こうと思います。

 一連の短編は本編の時間軸に沿って掲載されてまして、本編が始まる前、自動人形ガー助に名前が付く前のひかるたちの物語から始まって、その後本編のそれぞれの巻の間に繰り広げられた喜一郎やカンジたちとミズチの戦い、そして本編終了後に師匠が主催するパーティーに潜り込んだひかるとガー助が、「吉永さん家のガーゴイル」の双葉、ガーゴイルたちと出会って繰り広げられる夢のコラボレーション(同じ作者なんですけどね)といった感じで話が展開されます。
 特に最後の話でひかるが双葉だけでなく、兎轉舎のお姉さんとまで意気投合してしまったので行動がエスカレートして、それに比例して戦闘力も増大して会場に乗り込んできたテロリストたちをあっさり倒していく所は、本編の戦いがどれも苦戦ばかりだっただけに何とも爽快でした。それにしてもまあ、双葉と来たら中学生になってもあまり性格は変わってませんね。まあそれが良いんですけど(笑)。

ガーゴイルおるたなてぃぶZERO (ファミ通文庫)
エンターブレイン
田口 仙年堂

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"田口仙年堂 ガーゴイルおるたなてぃぶZERO" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント