ネットワークストレージ 外付けハードディスク増設記

 私の家ではパソコン用にネットワークストレージを設置してまして、当初はパソコンのバックアップとして使ってましたが、次第に古い写真データの移動先などとしても使うようになりまして、これはネットワークストレージのバックアップも出来るようにしないと万一の時に危ないと思い、外付けハードディスクを増設しました。

 外付けハードディスクと言ったら世間ではたくさん出ているので、考え出したら迷ってしまいますから、
『相性を考えて、ネットワークストレージと同じアイオーデータ』
『容量は3TBあれば十分』
『レビュー件数が多く、評価も高い』
 以上の条件で探して選んだのが、EX-HD3CZです。



画像
 こちらが実物の箱です。
 段ボールの箱に商品を示すステッカーが貼ってあるだけの、極めて簡素なものです。
画像
 ハードディスクの本体です。
 こちらとACアダプター、USBケーブル、テレビ接続ガイド/パソコン接続ガイドで構成されています。

画像
 ハードディスクにACアダプター、USBケーブルを挿して、ネットワークストレージと繋いだのがこちらの写真です。
 本体後部に付いているPOWER/ACCESSランプが青く点灯してまして、電源、接続共にされていることが分かります。
 ところがこれだけだと、ネットワークストレージが認識せず、パソコンからも入れません。
 と申しますのも、私が使っているネットワークストレージLAN DISK 4TB HDL2-A4.0は、2TBを超える外付けハードディスクを接続する場合、専用フォーマットをする必要があるからです。

画像
 と言う訳で、専用フォーマットに掛かります。
 まずパソコンからLAN DISKにアクセスして、詳細設定に入りましたら、上の写真で赤い丸で示している、システム→ディスクとクリックして、「ディスクに対する操作を選択してください。」とあるドロップダウンリストから「フォーマット」を選択して、「次へ」をクリックします。

画像
 画面が変わりましたら、フォーマット対象ボリューム選択から、外付けハードディスクを接続しているUSB(この場合はUSB1)を、フォーマットの選択から「専用フォーマット」を選択して「OK」をクリックします。
 この時フォーマット対象ボリューム選択で間違えて「内蔵ディスク」を選択すると、LAN DISK本体がフォーマットされて、中のデータが全部消えてしまいますから注意して下さい。

画像
 画面が変わって、フォーマット前に警告(上の写真で黄色の枠で囲んであります)が表示されます。
 USBで接続しているハードディスクのフォーマットである事を確認したら、「OK」をクリックします。

画像
 すると、フォーマットが始まります。
 フォーマットの最中は、LAN DISKに一切アクセスできませんし、フォーマットの中止もできませんから、使う用事が無いのを確認してから始めましょう。
 私の場合は約30分強で完了しました。

画像
 さて、フォーマットが完了してから改めてLAN DISKにアクセスしますと、画面左側に外付けハードディスクが認識されているのが確認できます(黄色の丸で囲んであります)。
 確認できましたら、サービス→バックアップ設定とクリックして、バックアップの設定をします。
 私の場合はバックアップの都度、パソコンのバックアップとその他のデータを全てバックアップするように履歴モードを選択して、毎週月曜日の午前2時にバックアップを開始するように設定しました。
 あと、バックアップの方向が「内蔵ディスク→USB」を選択していること、バックアップするフォルダーが間違いない事も忘れずに確認します。

 一連の設定が終わりまして月曜日、仕事が終わって帰宅後確認しますと、外付けハードディスクにバックアップのフォルダが出来ていて、約310GB使われていました。LAN DISKのログでも約3時間40分でバックアップが完了したという事でした。
 普通に間隔では時間が掛かってるなと思いますが、寝ている時間帯なら特に気になりませんし、ちゃんとバックアップされている事が一番重要ですから、当面はこのままで行こうと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック