デザインフェスタ vol.48レポート その2

 それではデザインフェスタ vol.48レポートの続きに入りましょう。

画像
 仕切り直して最初に紹介しますは、今回初めての紹介となりますcroeさんのブースです。
 異界アジアンゴシックの世界観をテーマに、箱や雑貨、アクセサリーを製作・販売されてまして、東京下町の出身であるせいかこういう細々としたものについ惹かれてしまいます。九龍城好きな方なら目が止まるのではないでしょうか。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
 今回撮影させて頂いた範囲内では、お化け屋敷や廃病院に置いてありそうなアイテムが販売されてましたが、聞けば以前、本当にお化け屋敷のスタッフの人も買って行ったとのことです。
 プロの人も認めるクオリティとは、これからもまめにチェックすることにします。

 croe
 twitter:@croewanicrico

画像
 次はこちらも始めて紹介します、SHU matsukuraさんのブースです。
 ステッカーに書かれている身も蓋もない怠惰な台詞や神言い訳の数々に、思わず立ち止まって撮影してしまいました。
画像
画像
画像
 ちなみにメインはメインはこちらに撮影したイラストのようで、これはこれで不思議とノスタルジーを感じます。

Sweet Rock Blog
http://blog.sweet-rock-town.com/

画像
画像
画像
画像
 続きましてはお馴染みで、パワーストーンから作ったナイフを扱っている「輝石工房 精霊石の箱庭」です。
 今回も作品を撮影させて頂きまして、改めて感謝。
 それから今回は、ナイフを作るようになった経緯も話して頂きまして、こちらも感謝です。長い話になるのでこちらでは書けなくて申し訳ありません。

輝石工房 精霊石の箱庭
http://ameblo.jp/ta-ke-z/

画像
画像
 さて、下階を回り終えますと昼食を挟んで上階を回ります。
 こちらはそのライブペイントの1つで、イラストレーターの勝亦勇さんが描いた巨大ライブペイント「墨の竜」です。
 墨だけでこれだけ迫力のある竜のイラストを、しかも2作も描かれまして、間近で見るとまだ乾ききっていない墨がライトに照らされて、力強さが一層引き立ってました。

碧洋堂
http://www.ixa.jp/

画像
画像
画像
 こちらは暗いエリアのライブペイントで、クリエイター集団hoshizoraの作品です。
 竜の巨大イラストに加えて、竜の目と、手に持っている球の所に映像を写して次々に切り替わる趣向が面白かったです。

クリエイター集団hoshizora
http://hoshizora.works/

 11月も半分を過ぎまして、これからすぐ12月になって、そうなったら年が過ぎるまであっという間ですからね。そういう意味では今回のデザフェスは良いリフレッシュになりました。
 年末の冬コミと正月を気持ち良く迎えるため、体に気をつけて仕事に励むとしましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック