ゲーミングチェア買いました

画像
 平日も休日も、ほぼ毎日パソコンの前に座っていますが、長いこと座っていると腰を中心に体のあちこち負担が来てまして、随分前から椅子を買い換えようかと思いまして、先日とうとうゲーミングチェアを購入しました。

 数あるゲーミングチェアの中から選んだのはE-WINのCW-BK1で、選んだ理由については後述するとしまして、上の写真を見ての通り箱が大きいことと言ったら、通常の置き方では場所を取り過ぎてしまいますから横向きに立てておかなくてはなりませんでした。




画像
 そうなりますと当然箱ごと運ぶのは無理がありますから、箱から中身を出して数回に分けて運んだのが上の写真です。
 主の部品は座部、背もたれ、レッグフレームにキャスター、座面ブラケット、ガスシリンダーとそのカバー、サイドカバー、各部を止めるネジで構成されてまして、更にネジを締めるレンチと作業用の手袋が入っていたのがありがたかったです。
 で、一連の部品を組立説明書に従って組み立てていくわけですが、キャスターの取り付け、背もたれと座部の組み立てと取り付け、座面ブラケットの取付時に本体をひっくり返す作業など、結構力が必要です。私自身作業していて、8月の終わりとは言え組み立て終わった時にはシャツが汗で濡れてましたから。

画像
 そんなわけで約1時間掛けて組み立てたのがこちらです。
 実際に座ってみた感想ですが、腰に当てるランバーサポートのおかげで腰の負担がだいぶ楽になってます。
 それから肘掛けの部分が上下だけでなく前後にも調節可能で、左右の角度調整もできます。
 あと背もたれのリクライニングが後ろだけでなく前にも傾けることができまして、書き物をしている時に役立つなと思ったのが、こちらの製品を選んだ決め手でした。
 とは言うものの、いくら座るのが楽と言っても負担が全くないわけではありませんから、1時間に1回くらいは椅子を立って体をほぐすのが良いかと。
 惜しむらくは備え付けのヘッドレストで、平らな上に面積があるから首から頭にかけての箇所に合わないのが不満です。

画像
 なので、ヘッドレストだけ備え付けの物を外して自動車の座席用のヘッドレストを買って取り付けました。
 備え付けと比べたら首の湾曲に合う形なので、値段から考えたら良い買い物でした。




 と言うわけでかなり駆け足ですが、以上がゲーミングチェア購入の経緯です。
 今後はこれで腰をいたわりながらパソコンをやっていこうかと。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック