十文字青 Roman 冬の朝と聖なる夜を廻る君の物語(上)


 以前Sound Horizonのアルバム「Elysion 〜楽園幻想物語組曲〜」を十文字青先生がノベライズした「Elysion 二つの楽園を巡る物語」の感想をこちらで書きましたが、先月同じサンホラのアルバム「Roman」を十文字青先生によってノベライズした「Roman 冬の朝と聖なる夜を廻る君の物語」の上巻が発売されまして、今日ようやく読み終えました。

「Roman」は既に桂遊生丸先生が漫画化しているので、Sound Horizonの楽曲の解釈は人それぞれとは言え、多かれ少なかれ比較してしまうのは仕方ありませんから、そんな中で自分の解釈を執筆するのは大変なプレッシャーだったはずです。
 ですが本を開いてみれば、そんなプレッシャーを感じさせる事がなく、漫画とは別世界であるかのように、かつ楽曲の骨組みにしっかり沿った形でストーリーが展開されていて、それぞれの話同士が関連し合って、そうした繋がり見つけるのも読む楽しみの1つになってます。
 更には「Roman」のストーリーの合間に「ヴァニシング・スターライト」のノエルの話が挟まれていて、これも後々「Roman」の物語と絡んでいくのでしょうけど、こういう攻めの趣向はストーリー自体これからどうなるのかも含めて、読んでワクワクしますね。
「Elysion」の時も、ラストで「そう来たか!」という締めを見せてくれましたし、今回の下巻も大いに期待しましょう。

にほんブログ村

にほんブログ村

Roman 冬の朝と聖なる夜を廻る君の物語 (上)
KADOKAWA/角川書店
2016-02-03
十文字 青

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Roman  冬の朝と聖なる夜を廻る君の物語 (上) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック