デザインフェスタ vol.41レポート その1

画像
 ゴールデンウイークが過ぎまして、その後にあるのは私的に言うと表現の祭典・デザインフェスタなのです。
 と言うわけで、5月16、17日の2日間に渡って第41回のデザインフェスタが開催されまして、例によって2日目の17日に行って参りました。
 これまた例によって端から端まで会場を回りまして、これはと思ったブースを撮影して参りましたので、こちらで紹介しようと思います。
 その前に、こちらが今回撮影に使用した機材です。
 デジタルカメラ:Nikon D7100
 レンズ:TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO

画像
画像
画像
 まず最初に紹介しますは、過去のデザインフェスタのレポートで何回か紹介している「ハサミック・ワールド」です。
 最近の新作は小さな作品が多いようですが、それだけに細かい技が光ってます。
画像
 中でもこちらの焼きサンマは完成度もさることながら、他が昆虫や鳥などに対して非常にシュールなのがツボでした(笑)。

Hasamic World
http://angel.ap.teacup.com/scissorhands/

画像
画像
 続きましてはこちらも常連のnakai tomoyasuさんのブースです。
 1日目には新作の原画を持って来られたそうですが、私が来た2日目には諸般の事情で無かったので、新作の線画とカラーを撮影させていただきました。

I 2ndex
http://adam69eve1224.run.buttobi.net/

画像
画像
 次は今回初めて紹介する「GEOCRAPER」です。
 都市をモチーフにした模型を製造、販売してまして、今回展示されていたTokyo Scenery vol.1が8種類の他、今後はスカイツリーや旧国立競技場などのランドマークも出したいと話しておられました。
 実際、こちらの東京タワーは高いクオリティーですし、今後の展開が楽しみです。

アルジャーノンプロジェクト
http://www.algernonproduct.co.jp/

ジオクレイパー
http://geocraper.tokyo/

画像
画像
画像
 こちらの「箱街工房」は、建物や町のミニチュア模型を展示してました。
 ミニチュア模型はデザフェスでは毎回必ず見かけるジャンルですが、こちらの出色なのは、高速で回転して動くフィギュアとそれに合わせて高速で点滅する小型フラッシュによって、アニメのように動いて見えるという工夫です。
 その様子を動画でも撮影して参りましたので、かなり画像が粗くて申し訳ありませんが、どうぞご覧ください。




Ryo's Miniature Works
http://rmworks.jp/work/

画像
 デザインフェスタの常連と言えば「万華鏡工房 涸井戸」ですが、今回も新作を出して出展してきました。
 ちなみに今回、テレイドスコープ(覗いた向こうの景色に応じて模様が変わる万華鏡)を購入しまして、ビッグサイト以外ではどんな模様が見えるか色々試してみたいと思います。

万華鏡工房 涸井戸
http://drywell.sakura.ne.jp/

画像
 さて、そんな調子で1階を回り終えますと、上階に上がりまして、ブースを回る前に昼食です。
 ところがこちら、「ガストロニック オーガニック」の佐世保スペシャルバーガーがあまりの人気で30分くらい並ぶ破目になり、おかげで食べ始めたのは14時半頃。ただでさえ1階を回るのに時間を取られたのにと焦る心を押さえつつ、手早く食べ終わると上階のブースを回りに入りますが、とりあえずここで一旦レポートを区切ります。
 では続きは次の記事にて。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック