腰痛対策あれこれ

 こちらのブログに限らず、パソコンでネットを見ている時は、大体椅子か床に座っているでしょう。
 私も今こちらの記事を、椅子に座って書いてますが、椅子に長時間座っていると、つい前のめりになって、腰に負担が掛かって腰痛になってしまう方は、私だけではないはずです。

 腰痛になってしまう原因は色々ありますが、パソコンや机の前に長時間座っている人に多いと思われるのが、背骨のカーブの変化によるものです。
画像
(c)フリーメディカルイラスト図鑑より

 上の画像は人間の背骨を後ろと横から見た図ですが、横から見た正常な背骨は首から骨盤に掛けて緩いS字状のカーブになってまして、これがクッションのように上半身の重みを緩和して、腰、足への負担を少なくしてくれているのです。
 ところが、デスクワークやネットで長時間椅子に座っているうちに、次第に前のめりになったり、お尻が椅子の座面の前方へ滑っていったりして、そうした姿勢が習慣化すると(腹筋と背筋のバランスが崩れたりと言った原因もあるようですが)、背骨のS字状のカーブがなくなってきて、上半身の重みがストレートに腰に負担となってのしかかり、腰の痛みになると、整体の先生が言ってました。

 それでも座って机に向かわないわけには行きませんから、腰痛にならない姿勢を意識した座り方──深く腰掛け、姿勢を正して背筋を伸ばし、アゴも軽く引く。背もたれに寄りかかったりしない──をしなくてはと思うのですが、仕事やネットに熱中しているとなかなかそうもいかないというのが現状でしょう。
 そう言うわけで、今週から会社でデスクワークをしている時は、500ミリリットルの空きペットボトルを、腰と椅子の座面の間に挟んで座るようにしたのですが、これが背骨のS字を作る形になって、かなり楽になりました。唯一の難点は、ペットボトルがへこんでペコペコ鳴ると周りがうっとうしくて迷惑でしょうから、腰の辺りに気を遣わなくてはならない所ですね。

 さて、家ではどうしているかと申しますと、リビングにいる時は座椅子の背もたれにクッションを置き、腰への負担を和らげるようにしまして、自室でパソコンの前に座っている時のために、楽天市場で新しいクッションを購入しました。



画像
 こちらが実物の写真です。
 椅子と浮かないよう色はブラックを選択しまして、火曜日に届いてからずっと使ってますが、1つ分かった事は、どんなに良いクッションでも、背骨がS字になるように意識して使わなければ腰痛対策として意味が無いと言う事です。当たり前と言えば当たり前ですが(汗)。
 ともあれ、今後も生活と折り合いを付けながら、腰痛を治せるよう努力していこうと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年04月20日 09:01
もしよければ私の2013年2月10日の腰痛予防ブログでも覗いてみてください。ただし、病気が原因の腰痛には効果がないので、その点はご了承ください。
2014年04月20日 10:56
>一つの石さん
記事読ませていただきました。
書いてあった方法、早速試してみますね。

この記事へのトラックバック