DELL XPS13導入記 その1 セットアップ編

 先日の日記でも書きましたが、4月から消費税が8%に上がりまして、かつ4月9日にWindows XPのサポートが終了すると言う事で、各パソコンメーカーでは増税前のセールを行ってまして、DELLでも在庫一掃のセールが開催されて、以前から外出用の新しいパソコンが欲しいと思っていたので3月の中頃注文しました。家電やパソコンはすぐ型落ちするから駆け込みで買うメリットはないと言われてますが、そこは在庫一掃セールと週末限定クーポンで、通常価格より合計1万5千円割引で注文しているから抜かりはありません。
 さてDELLと言えば即納モデルを除けば注文してから届くまでにかなり待たなくてはならず、そこはコストパフォーマンスの代償と思い我慢して、木曜日にようやく届き、昨日の土曜日にいよいよ箱を開けました。

画像
 こちらが注文したウルトラブック、 XPS13の箱です。
 ちょっと箱が汚いですが、撮影前にプライバシー保護のためラベルなどを剥がしたためにこうなっております。
画像
 段ボールの箱を開けると入っていたのはまた箱が2つ。
 上に写っている箱はなかなかシャープなデザインですね。
画像
 そしてその箱を開けるとようやく目的の物が出てきます。
 まずは言うまでも無くXPS13本体に、ACアダプタとケーブル。それにDELLの他のノートパソコンのACアダプターをXPS13に繋ぐためのコンバータケーブルもありますが、こちらは今の所関係無しと言う事で。あとこちらには写ってませんがクイックスタートガイド安全及び認可機関に関する情報というのも入ってました。
 もっと他に色々付いていると思ってましたけど、シンプルな構成でした。まああれこれ余計な物が付いているより良いですけど。
画像
 ちなみにウルトラブックと言うからには相当薄いし軽いのですが、文章では分かりづらいでしょうから、以前使っていたミニノートパソコンEee PC 901-X、及び毎度お馴染み(?)長門フィギュアと比較してみました。
 私の目測ですが、左の901-Xが薄い所で約0.4長門、厚い所で0.5長門であるのに対し、右のXPS13は厚い所でも0.3長門と、薄さの程がお分かりいただけると思います。
画像
 流石に面積ではXPS13の方が大きいですが、そこはまあミニ相手だから仕方ないと言う事で。

画像
 と言うわけで比較撮影の後、電源に繋いで開き、セットアップです。
 と言いましても電源を入れたらいくつかの操作をするだけですぐWindows8.1の画面になりました。
 キーボードはデスクトップほどキーストロークはありませんが押している感触はしっかりありますから使っているうちに慣れるでしょう。それにタッチパネルディスプレイも使ってみるとなかなか手軽な感じですね。そこは流石Windows8というやつですか。
画像
 でもまだWindows7に慣れている私にしてみれば、このデスクトップ画面の方が落ち着くんですけどね。

画像
 そしてこちらがシステム構成です。
 CPUが2.4GHz、メモリが8GB、こちらでは分かりませんが256GBのSSDも付いていて、2年前に発売された機種とは思えません。もちろん当時と比べたら多少手を加えているんでしょうけど、流石はウルトラブックの名機と週刊アスキーやその他各方面で絶賛されただけの事はあります。

 と言うわけでセットアップは完了しまして、この後色々と手を加えていくわけですが、長くなったのでそちらは次の記事と言う事で。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック