うえお久光:原作 綱島志朗:作画 紫色のクオリア第3巻


 うえお久光先生の小説を、イラストを担当した綱島志朗先生によって漫画化した「紫色のクオリア」も第3巻が出まして、これでようやく完結なのです。
 全巻を通しての感想を言うと、原作を忠実にコミカライズされていて、かつ原作のイメージをしっかり補完してくれていたと思います。

 この3巻についても、前巻に続いてマナブがゆかりを死から救うためのトライ&エラーを繰り返すわけですが、だんだん常識から外れていったり、遂にはマナブがマナブでなくなっていき、話がとてつもなく大きくなっていった所を良く漫画で表現できたものだと思います。もちろん最終的にストーリーが収束していく所まで、よくぞ最後まで描き上げてくれましたというのが正直な感想です。

 あと、本編の後のショートストーリーは肩の力を抜いて読めますし、巻末の文章「箱の中の手紙」も読んであれこれ考えてみるのも良いでしょう。
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

紫色のクオリア (3) (電撃コミックス)
アスキー・メディアワークス
2013-10-26
綱島志朗

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 紫色のクオリア (3) (電撃コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック