D7100試写 花曇り

 日本では調度今頃が桜の咲く頃、花見のシーズンですが、同時に季節の変わり目で日々の寒暖差が激しく、天気が崩れることも多いことから、花冷え、花曇りと言われます。
 先日買ったNikon D7100の試し撮りには桜は格好の被写体ですが、この土日は土曜日は曇り、日曜日は雨が降ると天気予報で言ってましたので、いささか残念ながら、昨日曇り空の下で近所の桜を撮影して参りました。

 カメラは言うまでも無くNikon D7100ですが、レンズはズームの幅が広いAF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VRを選びまして、純正レンズとの組み合わせがいかがなものか見てみることにしました。

画像
 まずはこちら、2010年にもD90で撮影したのと同じ、公園の桜を撮影しました。
 ブログ用にここまでリサイズすると、旧型機と機能の差が分からないと以前にも書きましたので、どこまで精密に撮影できるのか、一部をトリミングしてみます。
画像
 こちらが、画質FINE、サイズLで撮影した上の写真から、左側の桜の枝先をトリミングした写真です。
 花の所が少々ボケてますが、まあそれなりにちゃんと写ってますね。とは言うものの、同じ枝先をズームで撮った下の写真とは鮮明さが比べものになりませんが(縮小した画像では分かりづらいですが、画像をクリックして等倍で表示すると違いが分かります)。
画像


画像
 次はこちら、別の公園で撮影した桜です。
 幹の曲がり具合が良い味出してます。
画像
 そしてこちらがズームして撮影した花の写真です。
 時期が時期なので散り出して、葉も出始めてますが、綺麗に咲き誇っているのがお分かりでしょう。

 それではこの他にも何ヶ所かで目に付いた桜を撮影した中から厳選した写真をご覧下さい。
画像

画像

画像
 私的にはこの最後の写真、田植え前の田園風景に桜並木が調和していて気に入ってます。
 それだけにできれば青空の下で撮影したかったと、残念でなりません。

 と言うわけで、今回の試写は以上です。
 次に本格的に撮影するのはゴールデンウィークでしょうかね。
 それまで他の方が撮影したサイトの記事などを見て、より綺麗な写真を撮れるように努めるとしましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック