ALI PROJECT TOUR 2010 汎新日本主義

 先週水曜日、去年秋のALI PROJECTのツアー・汎新日本主義東京公演のDVDが発売されまして、私の所にも予約注文したのが当日届きましたが、例によって色々ありまして日曜日ようやく特典映像まで全て見ることができましたので、これまた例によって感想を書こうと思います。

 こちらのブログ常連の方はご存じと思いますが、私現在ライブ、コンサートへ行くのは封印中ですが、東京公演が行われた東京国際フォーラムは全く縁がない訳ではなくて。と言いましても就職活動の合同面接会で度々行ったことがあるということで、しかも同じ施設とは言え会場となるホールは全く違うし(汗)。
 それはさておき、東京芸術劇場、厚生年金会館、NHKホール、Bunkamura オーチャードホールに続いて都内のメジャーなコンサート会場で次々と公演しているのはファンとして嬉しい限りで、早く再就職して何の気兼ねなく会場へ行けるようになりたいものです。

 さて肝心の内容はと申しますと、タイトルに日本が付いているので大和ソングかなり入るのではと期待もしくは予想していた方は多かったでしょうけど、「愛と誠」「帝都乙女決死隊」「神風」の3連続はキましたね。その前の宝野アリカ様が花魁姿で歌われた初っ端の「刀と鞘」はもとより、「四神獣飼殺し」「雪華懺悔心中」「六道輪廻サバイバル」「阿修羅姫」と、連続した4曲の迫力と申しましたら……更に後には「亡國覚醒カタルシス」「戦争と平和」「暗黒サイケデリック」も入っていて、相変わらず期待を裏切らない選曲の妙を見せてくれます。(順番がごっちゃになってますけどそこはご容赦の程を)
 そして今回のツアーならではの醍醐味としましては、バックダンサーがあるでしょう。
 いつものドラッグクイーン・アリアリポンチカの4人に加えまして、可愛らしい(けど男の子)プチプチアリロリポンチカ4人、更にアリプロのライブでは初めての女性ダンサーとなるひでひめダンサーズ4人という具合で、これにアリカ様、殿こと片倉三起也さん、バイオリンの渡辺剛さん、杉野裕さんを加えたら総勢16名となりまして、最後に全員出てきたら実に賑やかでした。ちなみにひでひめダンサーズは「帝都乙女決死隊」が初登場ですが、曲に合わせるというのもあったんでしょうけど、なじみ深いアリアリポンチカのダンスとは違ったきびきびした感じで印象に残りました。

 そんな感じで、相変わらず期待を裏切らず、なおかつ攻めの姿勢を失わない、アリプロらしいライブを見せてくれました。
 さて今年のアリプロは私達にどんな世界を見せてくれますやら──
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
TOUR 2010 汎新日本主義 [DVD]
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2011-02-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by TOUR 2010 汎新日本主義 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック