ALI PROJECT TOUR'09 Poison~毒を食らわば皿まで~

 先日ALI PROJECTのライブDVD「TOUR'09 Poison~毒を食らわば皿まで~」を買ったとこちらの記事に書きましたが(と言いますか、この1つ前の記事ですけど)、昨日ようやく最後まで見ましたので、全体の感想を書こうと思います。

 今回私はDVDに収録されている横浜でのライブは生で見てないので、演出などを楽しみながら見ました。
 相変わらず渡辺剛さんと杉野裕さんのバイオリンはアップテンポでもスローテンポでも見事に弾きこなしてくれますし、バックダンサーを務めるアリアリポンチカの4人は下手な女性よりも色気をムンムンに漂わせているのに加え、今回は「暗黒天国」と「極色一代女」のバックで寸劇も披露してくれまして、あくまで主役は歌だと分かっているけどもっと見てみたいというジレンマに陥ります。殿こと片倉三起也さんはアップの箇所でこまめにカメラの方を向いてくれますし、宝野アリカ様は衣装や小道具が凝ってること。
 今回のライブはオリジナルアルバム「Poison」の曲を中心に構成されてまして、最初の衣装替えまでは1曲目の「地獄之門」に代表される中国チックな曲がメインで、アリカ様も「地獄之門」のジャケットに似た衣装と毒々しい演出(毒々しいはこの場では褒め言葉です!)が随所に散りばめられています。衣装替えの後もその衣装や曲に合った演出がされてまして、例えば「暗黒サイケデリック」では、アリプロのライブでは珍しく観客が手拍子をしてまして、ステージと観客が思いきりノッてるのが、手拍子の音が聞こえなくてもしっかり感じ取れました。前年の「禁書発禁」でも同じ曲で手拍子がありましたから、今後もライブの定番になるのでしょうかね。
 そして終わり近くになると「亡國覚醒カタルシス」「月蝕グランギニョル」といった以前からの人気曲や当時の新曲「堕天國宣戦」が出まして、最後に「未來のイヴ」が出たのが古参のファンにとっては嬉しい限りでしょう。アリアリポンチカの皆さんのロボット調なダンス、アリカ様の振りなど昔のままで、見ていて懐かしく感じました。
 それからこの手のライブDVDには付き物の特典映像ですが、こちらはライブの楽屋シーンなどが収録されてまして、一番印象的だったのはアリアリポンチカの皆さんの素顔で、そう言う意味でも大変貴重なDVDだと思います(笑)。

TOUR ’09 POISON~毒を食らわば皿まで~ [DVD]
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2010-01-20
ALI PROJECT

ユーザレビュー:
アリプロの世界に溺れ ...
☆5じゃ足りない、真 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック