ドラマ JIN -仁- 第7話

 前回の感想で、西洋医学所内の派閥争いを原作にないと書きましたが、今回の感想を書くに当たり原作の4巻を読んでみたら、ちゃんと伊東玄朴の失脚とそれに伴う医学所内の不和の経緯が書いてありました。謹んでお詫び申し上げます。
 さて前回のラストで仁は自分がいた時代より後の「平成二十二年」と刻印された十円玉を見つけ、自分の他にもタイムスリップした人がいるのだろうか、元の時代に戻る望みがあるのだろうかと迷いが生じます。そんな中、茶屋の娘・茜が謝って油を被って大火傷をしたと知らせを受けます。

 茜を診察した仁は皮膚移植しかないと判断し、術後の感染予防に必要なペニシリンの製造を緒方洪庵に頼みます。その際、手術を知人に見せたいと洪庵に頼まれ、洪庵とその知人、濱口儀兵衛が見守る中、茜の皮膚移植の手術が始まります。
 ところがその途中、西洋医学所内のペニシリン製造所が火事になり、山田が火の中に飛び込んで一番効果がある青カビ1株を持ち出したのを除いてペニシリンは全て燃えてしまいます。これまた西洋医学所内の派閥争いが絡んでいるのですが、今更それを詮索しても仕方なく、とりあえず手術を完了させ、感染症を起こさないようこまめに消毒することにします。

 一方龍馬は勝の下で海軍操練所の創設に向けて動いており、その資金集めで海軍が日本にとってのペニシリンになるとかましまくって実績を積み重ねてました。しかし折しも長州藩が外国の軍艦と戦争を繰り広げ、外国の軍艦を幕府が修理して、それでまた長州を攻撃するという状況に、やり方は違えど国を守るために戦っている長州が攻撃され、勝は幕臣という立場に伴うしがらみのために文句も言えず、龍馬はやりきれない思いを抱いていました。

 そして茜ですが、とうとう感染症の兆候が出て、仁はどうにか自分でペニシリンを作ろうとするなどあれこれ手を尽くしますが上手くいきません。追い詰められた仁ですが、そこへ山田から少量ながらペニシリンが届き、その後も定期的に届けられたペニシリンのおかげで感染症の危険は去り、後は時間と共に元に戻っていくだろうという所まで回復します。
 一体僅かな期間でどうやってここまで定期的にペニシリンを製造できるようになったのかと訝る仁は、とある醤油の倉だった場所に案内されます。そこでは先だっての手術に立ち会った濱口儀兵衛の手配で人員と場所を提供され、ペニシリンの製造所となっていました。礼を言う仁ですが、儀兵衛から洪庵が労咳(肺結核)に侵されていると教えられ、急いで洪庵の元へ向かいます。

 しばらく見ないうちに相当やつれて見える洪庵を診察した仁は、洪庵から冥土の土産にすると前置きした上で、仁に未来から来たのではないかと尋ねられます。自分の思った通りなら目を瞑って欲しいと言う洪庵に、仁は少しためらった後、目を閉じるのでした。
 住み慣れた大阪を離れての江戸暮らしに寂しさを感じていたけれど、それ以上に孤独と苦悩にさいなまれていただろうと涙する洪庵は、その孤独を自分に分けて下さいと仁に言いますが、支えてくれる人がいたから自分は孤独ではなかったと仁は答えるのでした。

 そうして洪庵はこの世を去った後、龍馬からの手紙に「日本を一つにする」という『天命』が書かれていたのを見て、仁もまた『天命』が。
 それは医学の大きな2つの流れ、西洋医学と漢方を一つにすること。そうすることで一時的に後退することがあるかも知れないけれど、最終的には未来の手術が成功できるくらいに医学を進歩させることができるのではないかという試みです。
 そのために病院を作ることを決意し、橘家に間借りながら「仁友堂」の看板を出すのでした。

 さて、仁と龍馬、未だ先が見えないながらも自分の道を進む、と言うより探り出しまして、上手く対比ができてますね。
 龍馬のそれは日本史で良く知ってますが、仁の方はこれからどう進み、どう龍馬と関わっていくのでしょうか?

JIN -仁- 公式サイト
http://www.tbs.co.jp/jin2009/

↓仁が茜の皮膚移植をして、緒方洪庵がこの世を去る話が載っているのはこの巻です。
JIN―仁 (第4巻) (ジャンプ・コミックスデラックス)
集英社
村上 もとか

ユーザレビュー:
敵の攻撃をうけた。出 ...
南方仁が野風と結ばれ ...
取材のすごさに驚嘆  ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「JIN-仁-」第7話

    Excerpt: 第七話「生きる遺言…」  Weblog: またり、すばるくん。 racked: 2009-11-22 23:58
  • 【JIN-仁-】第7話

    Excerpt: ここでずっと生きていく覚悟があるのか、って言われると・・・。ご判断を急がれる事もないでしょう。人には天命があると申しますから。それがもし、この時代で生きていく事だとしたら、俺は諦めきれるんだろうか。諦.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-11-23 00:03
  • 仁に捧げるペニシリン!大坂~江戸、思えば遠くへ来たもんだ(JIN-仁-#7)

    Excerpt: http://tb.plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/200911220005/a3097 Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2009-11-23 00:03
  • JIN仁7 ヤマサ醤油でペニシリン作り?醤油こと!

    Excerpt: 村上ショージ「しょうゆうこと」ボイスストラップ でたぁヤマサ醤油! もしかしてスポンサー?でもなさそうだしぃ。 どうやら原作にも出てくるらしい、 ヤマサ醤油!の濱口梧陵。 (.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2009-11-23 00:04
  • JIN-仁- 第7話 生きる道

    Excerpt: 『生きる遺言…』内容佐分利(桐谷健太)から始まった騒ぎは、西洋医学所を仁(大沢たかお)が辞めることで収まることとなった。だが、辞めるという行動で、よりいっそう仁自身を悩ませることになる。本当にこの世界.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2009-11-23 00:18
  • ドラマ JIN-仁- 第7話 感想

    Excerpt: 第7話 竜馬さんと南方先生が天命を見つける回でした。 まずは竜馬さん、勝先生の「この国だって死にかかってんだ」の一言で海軍設立に奔走する内に、力としがらみの矛盾を目の当たりにし、そこから自分の成すべき.. Weblog: 本家らう゛ろくた逃避中 racked: 2009-11-23 00:33
  • JIN-仁- 第7話

    Excerpt: JIN-仁-の第7話を見ました。MISIA/逢いたくていま(CD)佐分利が発端となった西洋医学所を揺るがす騒動は仁が自ら西洋医学所を去ることで収まったに見えたが、西洋医学所には依然として仁のことを快く.. Weblog: MAGI☆の日記 racked: 2009-11-23 06:09
  • 【JIN-仁-】第7話感想と視聴率

    Excerpt: 【第7話の視聴率は11/24(火)PMに追加します】緒方洪庵先生(武田鉄矢)、やたらカッコ良かったですね♪仁が未来から来た人だと気づいて、未来はこの労咳(結核)も治るのか聞きました。自分は治らないのに.. Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2009-11-23 11:53
  • JIN-仁- 第7話

    Excerpt: 西洋医学所を去った仁(大沢たかお)は、山田(田口浩正)が持って来た ペニシリンを使い、梅毒の治療を続けていた。 ある日、茶屋で働く茜(橋本真実)が油をかぶり、大やけどを負う。 それを知った仁は、.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2009-11-23 15:51
  • JIN-仁- 生きる遺言… 

    Excerpt: 今回は、手術は茶屋の娘・茜(橋本真実)の大やけどにまつわるものでしたが、見どころは、なんといっても緒方洪庵(武田鉄矢)との命がけの熱い友情でしたね 佐分利(桐谷健太)が発端となった西洋医学所のゴ.. Weblog: のほほん便り racked: 2009-11-23 16:36
  • JIN-仁- 第7話 「生きる遺言…」

    Excerpt: あらすじ 幕末は、一人の脳外科医に委ねられた…。タイムスリップした脳外科医・仁が動乱の幕末を駆け巡る、超歴史スペクタクル&S... Weblog: 青いblog racked: 2009-11-23 21:45
  • JIN-仁- (武田鉄矢さん)

    Excerpt: ◆武田鉄矢さん(のつもり) 武田鉄矢さんは、TBS系列で毎週日曜よる9時から放送されている日曜劇場『JIN-仁-』に緒方洪庵 役で出演しました。昨日は第7話が放送されました。●第6話・第7話のあらすじ.. Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2009-11-23 22:27
  • TBS「JIN -仁-」第7話:生きる遺言…

    Excerpt: 涙、涙の物語。山田純庵の情熱に、緒方洪庵の思いに、坂本竜馬の志に、そして、そんな思いを受け止めた南方仁の決意に、仁を思いやる橘咲の優しさに。 Weblog: 伊達でございます! racked: 2009-11-24 00:11
  • 銀魂&仁&紅白の歌手が決定

    Excerpt: は騒動の黒幕がと判明する展開だが Weblog: 別館ヒガシ日記 racked: 2009-11-24 12:40
  • 『JIN-仁-』 第7話

    Excerpt: 「あったんだ、この時代から」と仁が呟いたヤマサ醤油。実在するんですね~。こういう出会いは仁でなくてもワクワクしますよ。「ヤマサ醤油」ではピンと来なかったんです。ここ東海地区では、関連会社の「サンジルシ.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2009-11-24 17:20
  • Jin-仁 第七話

    Excerpt: 西洋医学所のペニシリンの施設が何者かに襲われた直後、仁の元に太一が駆け込んで来た。 茶屋の娘・茜が油をかぶり、大火傷を負ってしまったと言う。仁は、咲と一緒に茜の家へ急行。 茜の火傷は、左の.. Weblog: Yが来るまで待って・・・ racked: 2009-11-24 23:17
  • 「寂しゅうて、寂しゅうて・・・」:TV「JIN-仁-」の第7話(...

    Excerpt: 22日の日曜日の夜は、いつも通りTV「JIN-仁-」をとっても楽しみにしていました(〃∇〃)始まるまでTV「グラチャンバレー 2009」の男子バレーを観ていたのですが、夕ご飯を作りながら飲んだ、夫が作.. Weblog: うさりーなの暮らしの雑貨 racked: 2009-12-01 02:27