Animelo Summer Live 2009レポート1日目

画像
 今年もアニメロサマーライブの時期がやって参りまして、私も2日間フル参戦しましたので例によってレポートをお送りしようと思います。毎度のことながらアーティストによって説明に差がありますが、そこはご勘弁のほどを。

 今年の会場も昨年と同じさいたまスーパーアリーナで、1日目も電車を乗り継いで正午近くにさいたま新都心駅に着きますが、ホームに下りて周りを良く見ると、高いビルなどが建っているすぐ側に、どこにでもある二階家がまだ残っているのが何ともちぐはぐな感じです。
 昨年は改札を出るとすぐにさいたまスーパーアリーナ、けやき広場へ向かいましたが、今回は反対側のコクーン新都心へ足を運び、そこで昼食や本の立ち読みなどをしてからけやき広場で3時まで時間を潰します。
 3時を回るとさいたまスーパーアリーナへ入り、チケットに記された席を探します。今回私が取ったチケットは両日とも200レベルの席で、位置的にも近く、ステージからかなり横に近いですが、以前のアニサマで座った見切れ席に比べればずっとましですし、距離的にも近いから見やすかったです。開演予定の4時が近くなるとこの手のライブには恒例の諸注意がありましたが、他は大体放送でされるのが、今回は係の人がステージに立って話をしてるのが新鮮でした。

 やがて4時を回り、5分ほど過ぎた頃、会場が一斉に暗くなり、いよいよアニメロサマーライブ2009が開演します。例によってステージ後方のスクリーンで出演アーティストの紹介が流れ、それらが済むとステージの前方に張り出した所からangelaと石川智晶が登場し、彼女たちスペシャルユニットによる「残酷な天使のテーゼ」が始まります。高橋洋子じゃありませんけど、この曲はアニソンの神曲の1つですからオープニングを飾るにはふさわしいでしょう。
 そして歌い終わると石川智晶は退場、今回が初出演となるangelaによる(色々言いたいことはあるでしょうが、そこはスルーで)「Spiral」に、最近家でも聴くようになった「Shangri-La」を歌います。
 angeraが終わると、いとうかなこが続いて、その次に登場したのは大変印象に残りやすい甲高い声、そう、桃井はるこです。今回のアニサマのテーマは「RE:BRIDGE」、原点回帰ということで、彼女は2曲目に自分がアニサマに初出演したときに歌った「WONDER MOMO-i」を選んだそうです。それで退場かと思ったら、次に歌うmanzoの1曲目「マイペース大王」を一緒に演奏してました。まあらしいと言えばらしいですけど。ところで今回manzoはこの手のイベントには珍しいスーツ姿で登場しまして、本人は「相棒」の杉下右京をイメージしたそうですが、人から芋洗坂係長と言われたそうで、まあ私から見てもどちらかと訊かれれば後者と答えますね(笑)。
 その次に彩音、MCで観客に自分の名前を一斉に呼んでとリクエストしてきたELISAと続きまして、その後にボーカロイド鏡音リン・レンの声でおなじみ下田麻美が登場してアルバム「EXIT TUNES PRESENTS Vocalostar feat.初音ミク」にも収録されている「ココロ」を歌います。残念ながら彼女の出番はこの1曲だけで、せっかく出たのなら神曲「炉心融解」も歌って欲しかったと残念に思いますが、やっぱ「ピャァァァァァァァ」が無理だったのでしょうか? それからボーカロイド繋がりということか次に初音ミクが登場して、こちらは神曲「みくみくにしてあげる♪【してやんよ】」が流れます。やっぱミクと言えばこれでしょう。生身でないアーティストは流石にアニサマでも初めてですが、それでも観客は熱狂です。ええ、もちろん彼女はネギ持って歌って踊りましたよ。その後で歌った「ブラック★ロックシューター」ですが、これが何か曲の後に意味ありげな演出があって、妙に気になります。
 それからビートまりお、GRANRODEOに続いて堀江由衣が登場しますが、彼女は他のアーティストとは違い、ステージに向かって左手から櫓のような物に乗って登場します。派手さの割に人力で動かす所がシュールだったりしますが、これって2日目にも使うのだろうかと思ったり。で、最後の方では茅原実里とスペシャル企画で「ハッピー☆マテリアル」を歌いますが、このユニットは本人も以前から強く望んでいたそうです。
 そして石川智晶、宮野真守、May'n、May'n&奥井雅美のユニットと続いた後に中川翔子が登場しますが、MCで彼女、ライブ中禁止されている写メで自分を写しましたよ。相変わらずここでは暴挙(笑)がしっかりありますね。ブログにアップすると言ってたので後日チェックしましたけど、何ですかあのアップ件数は? おかげで写メをアップした記事とやらが見つかりませんでしたよ(汗)。
 それから栗林みな実と谷山紀章のユニットによる「WHAT'S UP GUYS?」があって、2人が退場すると照明が暗くなり、何とも薄気味悪い曲が流れます。これはもしかしてと思ってスクリーンを見てみるとロンドンのタワーブリッジらしき映像が映し出されて、それがステージのセットだと分かると、今回のステージのセットってテーマに合わせて橋をイメージしたんだと今更ながら気づきます。で、登場したのは予想通りALI PROJECTで、宝野アリカ様は「地獄の門」のジャケットに近いコスチュームでした。それで最初に歌われたのは「鬼帝の剣」で、あれのジャケットもそう言えば中国をイメージしたやつでしたから、今回にはふさわしいコーディネートですね。続く「戦慄の子供たち」の最中、白い布を上からスッポリ被ったのが4人、ステージ後方から現れ、ゆっくりと前へ出てきます。そして3曲目「地獄之門」が始まると、布を脱ぎ捨てて現れたのはアリプロのライブでおなじみドラッグクイーンのダンサー、アリアリポンチカの方々です。こちらもアリカ様に合わせて中華風の装いで、大きな扇子をヒラヒラさせながら踊ります。アリカ様も手に何か持ちまして、また今回も剣かなと思いましたがそれにしては細くて、良く見てみたら長い煙管でした。これまた退廃的なアイテムですこと。
 そして茅原実里、栗林みな実が続いて、とうとう黒いビニールコートに身を包んでJAM Projectが登場! 前回は2日目の出演でしたが、1日目なのに完全燃焼させろとばかりに熱い曲を文字通り熱唱してくれます。ええ、スクリーンも炎を映しまくりでしたよ。恒例の「SKILL」まで出して会場全体を「MOTTOMOTTO!」の連呼で揺らしまくります。1日目でここまで盛り上げて観客の体力を消耗させたら2日目はどうするのかと心配するくらいでしたよ。
 そして曲が終わると影山さんの号令で全アーティストがアニサマ公式Tシャツ姿でステージに集合します。Tシャツの改造はアリカ様の定番ですが、今年はGRANRODEOがそれ以上に目立つ改造をしてました。そしてアーティスト全員で今年のテーマソング「RE:BRIDGE~Return to oneself~」を合唱、それで一旦アーティストが退場しますがそこはもう心得たもの、観客席全体でアンコールを5分ほど連呼した後、再びアーティストが登場して、今度はバックバンドやダンサーも上がってきてアニサマ2006のテーマソング「OUTRIDE」、そして再び「RE:BRIDGE~Return to oneself~」の大合唱で今度こそ本当に1日目が終わりました。

 そうして終了のアナウンスが流れたのは10時頃で、私が参戦したアニサマの中では最も遅い終わりでした。ただでさえ埼玉に移って行き帰りに時間が掛かるのに、こんなに遅くなるのかなと心の中で愚痴りますが、2日目もやっぱり行ってしまうんですね、これが(汗)。
 と言うわけで、これから2日目のレポートに掛かります。今日中に上げるつもりなので、期待して待ってて下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック