草津温泉行ってました 前編

 草津よいとこ一度はおいで──
 誰もが一度は聞いたことがあるだろうこの節回しで有名な草津に、15日から2泊で行ってまいりました。

画像

「旅行に行こう! 期間は3月15日から3日間!」
 先月の終わり、いきなりうちの父がそう言い出してから、家族で新聞の折り込み広告や旅行会社で貰ったパンフレットを調べて草津が良いんじゃないのということになり、ネットで宿泊施設の詳細や空き状況を調べて絞り出した候補の中から1つ選んで予約完了までわずか2日──急ピッチで話が進んで15日の朝、両親と一緒に家を出発します。
 まず電車で東京駅まで行って、長野新幹線に乗り換えます。
 新幹線に乗るのは9年か10年ぶり、長野新幹線は初めてでしたが、ドアの開け閉めや発車する時の振動がほとんどないし、走行中の振動も少ないから、窓から景色を見ないと走り出したことさえ分からないことも。途中で車窓を見ながら、今さいたまスーパーアリーナを通過したとか、あの大きな窓は鉄道博物館かとか両親と話しているうちに、気が付けば高崎駅へ到着します。

画像

 高崎駅で名物のだるま弁当を買って(上の写真の左端に服が出てるのは、私の母です)吾妻線に乗り換え、ここからは鈍行で進みます。両親は待ちきれなくて発車早々弁当を食べにかかりますが、私はちゃんと正午を回ってから食べましたよ(笑)。
 そうして弁当を食べ、ゆっくり流れる景色を窓から楽しみながら、ガタンゴトンと旅の風情溢れる音と共に電車に揺られておよそ1時間半、長野原草津口で下車します。
 更にそこからバスに乗りますが、山を上がっていくにつれてそこかしこに雪が残っていて、目的地が近付いているのだと思いながらおよそ30分、ようやく草津温泉に到着します。

画像
画像

 バスを降りるとまず最初に湯畑へ向かいますが、近付くにつれて硫黄の独特の臭いが強くなってきて、ああ本当にここから温泉が湧き出てるんだと実感します。
 湯畑を囲む柵には草津を訪れた歴史上の著名人の名前が記された札が並んでまして、早速湯畑の写真を撮ります。
 それから湯畑の周りをぐるっと周り、道すがら温泉まんじゅうをぱくつきながら西の河原へ足を伸ばした後、今回の宿であるホテル一井にチェックインします。
 このホテルは湯畑の目の前に建ってまして、残念ながら案内されたのは別館だったので、部屋から湯畑を臨むことはできませんでしたが、大浴場へはエレベーター1本で行けるので、一息ついて浴衣に着替えると早速ひとっ風呂浴びに向かいます。
 ちなみにこちらの温泉は大浴場と露天風呂で源泉が違ってまして、露天風呂は透明でさらりとした泉質なんですけど、大浴場のお湯は少し白く濁っていて硫黄の臭いが漂います。私も伊豆や水上など何か所かの温泉に入りましたけど、大浴場まで硫黄の臭いがする温泉は初めてで、流石は草津、他の温泉とは一味違いますね、本当。ちなみに露天風呂には側に雪が残っていて、雪景色を見ながら風呂に入るのも初めての経験でした。私は長湯の質なんですけど、草津温泉で長湯は禁物だそうで、それでも体の芯まで温まるように入って、あと温泉の成分が肌から落ちないよう、湯船から上がった後は上がり湯をかけずに大浴場を出て体を拭きます。

草津温泉 ホテル一井
楽天トラベル
湯畑脇に立ち、「おもてなしの心を大切に」 湯畑に時を紬いで三百余年の老舗旅館


楽天市場 by ウェブリブログ


 風呂から上がって部屋に戻り、しばらくすると部屋に夕食が運び込まれてきます。
 ここの夕食は種類があって、何回かに分けて出されるようになっているようです。ところで15日の夕食の中に朝鮮人参の衣揚げというのがありましたけど、片や60過ぎの熟年夫婦、片や恋人もいない独身男にそんな精力つけてどうしろって言うんですかね(笑)?

画像
画像
画像
画像
画像
画像

 そんなことを考えながら夕食を終えると、ちょうど15日まで夜の湯畑でライトアップがあるそうなので、家族みんなで見に行きます。
 とは言うものの3月とはいえ草津は山の中、まして夜とあっては当然気温も低く、浴衣の上にもう2枚重ねて着てもまだ寒くて仕方ありません。幸い湯畑の目の前に建つホテル一井、フロントのベランダから見られると仲居さんから教えられて行ってみたら、色とりどりの照明で彩られた湯畑を一望できました。正直デジカメでは一部分ずつしか撮影できないのがもどかしいくらいでしたよ。それでもやはり高い所からだと広い範囲で綺麗な写真が撮れましたが。
 近くまで行けばまた違った景色が見れたかなと思いましたけど、風邪を引いて後日に差し支える危険を犯して見に行く勇気は私にはありませんでした(汗)。

 とりあえず、1日目が終わった所で草津旅行のレポートをひと区切りいたします。
 後編の方もなるべく早く書きますのでお楽しみに。

この記事へのコメント

サム
2009年03月18日 22:51
 温泉旅行なんてうらやましいですね。
 懐かしい・・・草津湯畑の景色を久々に見れました。私が草津に行ったのは10年ほど前に友人らとスキーメインでした。懐かしさが込み上げ、思わず5年ぶりくらいで当時の友人に電話してしまいました。

 

 

2009年03月18日 23:40
>サムさん
こんばんは。アップして早々、コメントありがとうございます。
懐かしいですか。10年前の草津は、湯畑はどんな感じでしたか? こういう所は時代の流れもゆっくりとしたものであってほしいと思うのですが。

この記事へのトラックバック

  • 草津温泉までのアクセス

    Excerpt: 草津温泉までのアクセスについての情報や注目のコンテンツを紹介しています。いろんな知識や情報を学べる、役立つ情報を目指しております。 Weblog: 草津温泉情報ナビ racked: 2009-04-17 22:45
  • くちこみブログ集(国内旅行): ホテル一井〔群馬県〕 by Good↑or Bad↓

    Excerpt: 「ホテル一井〔群馬県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してく.. Weblog: くちこみブログ集(国内旅行)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓ racked: 2009-07-28 21:36