ALI PROJECT 禁書


 全国のアリプロファン待望のオリジナルニューアルバム「禁書」が昨日発売されて、フライングで入手した人や昨日入手した人などがあちこちのHPやブログで感想の書き込みをしています。
 私もネットで予約注文して昨日届いたのを何度も聴いてますが、ようやく感想が固まってきたのでこちらに書きます。

 さて、発売前にタイトルが発表された時、ダークなイメージを想像してましたが、しばらく後に発表されたジャケットは青空を壁紙に本棚、そしてギリギリなミニスカートながらも司書っぽい格好のアリカ様の写真で、余所のサイトの表現を借りればポップカルチャーなデザインにどんな内容になるかと困惑したものです。
 で、現物が手に入ってジャケットの歌詞の部分を見ますと、1曲ごとにそれぞれ曲のイメージと思われるデザインがされています。そして実際にCDを聴いた感想はこれから1曲ごとに書いていこうと思います。
 まず1曲目の「神風」ですが、これは曲名が発表された時に多くの人が予想したと思いますが、「愛と誠」(「
dilettante」収録)、「勇侠青春謳」(シングル)、「青嵐血風録」(「Psychedelic Insanity」収録)に続く大和ソングです。これを読んで聴いたら最初の数秒間「本当に大和ソング?」と思うでしょうけど、すぐにポップス風味ながらも勇ましいメロディーと歌詞に納得するはずです。
 続く「黙示録前戯」はヘビメタチックな前奏に驚きますけど、その後は他のオリジナルアルバムを聴いた方ならお馴染みの背徳的な歌詞が並べられます。その後の「ヘテロ失楽園」は創世記のアダムとイブが歌詞の題材に使われてまして、黙示録が聖書の最後の部分に載せられているのを考えますと、「黙示録前戯」とで対になっているのだろうかと考えたりします。
 「眠れる豹」はタイトルだけだと危険なイメージを想像しますけど、実際に聴いてみると恋愛な歌詞で、曲調もファン用語で言うところの白アリっぽいです。
 次の「血の断章」はタイトルとは裏腹に白アリっぽいメロディーが流れますが、歌詞を見てみれば吸血鬼のストーリーですから騙されてはいけません。
 さて、ようやく折り返し地点を過ぎた6曲目に、アルバムのタイトルと同じ「禁書」が入ります。前奏がポップスな中にクラシックも入ってまして、ファンクラブのサイトで片倉さんがシンフォニック・ロックと書いてますが、こういうクラシックの要素が入った曲は既に何曲か聴いたことがありますから、中だるみになりそうな雰囲気を引き締めるには丁度良いタイミングでちょうど良い曲が配置されていると思います。
 そうして続く「雪華懺悔心中」は大和ソングとはまた違う意味で和のテイストが入ってます。言葉で表現すれば、演歌の成分が混ざっているけれど、絶妙なところで演歌調にならないという感じでしょうか。
 その次の「薨」は、歌詞を見てみると、前曲と比べて歌詞が短いですが、歌詞に込められた禁断の感情はとても重く感じられます。
 「小さき者への贖罪の為のソナタ」は、弦楽器の音が強調された、いわゆるストリングス系の曲です。昨年までやっていた月光ソワレで歌ってもおかしくないですね。その次に流れるピアノのインスト曲「Sonata of Ember Glance」と並んで。今年からはやらないそうですけど。
 最後にボーナストラックの「月夜のピエレット」は、以前に出た「COLLECTION SIMPLE PLUS」にも収録されていた曲で、私が聴いてみた感じではその時と変わらない気がするのですが、何か違いに気付いたか他がいたら教えてください。

 以上で「禁書」の曲紹介は全部です。
 古参のファンで他のオリジナルアルバムを持っている方なら最初は戸惑いつつも最後には「これでこそアリプロ」と納得するでしょうけど、アニメの曲からファンになって初めてアルバムを聴く場合はコロコロ変わる曲調に、損した気分になるかも知れません。けど繰り返し聴いていれば、ALI PROJECTの世界の広さを理解できるようになるでしょう。できれば他のアルバムも買ってより理解を深めるのも、ファンとしてお勧めします。

禁書
Tokuma Japan Communications CO.,LTD(TK)(M)
2008-08-27
ALI PROJECT

ユーザレビュー:
禁書の名の通り今回の ...
タイトルリスト1.神 ...
禁書  アリプロアリ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2008年08月29日 23:42
『禁書』レビュー楽しく読ませていただきました。

『黙示録前戯』と『ヘテロ失楽園』が対になってるというのになるほど~と思いました。
今回のアルバムは聴けば聴くほど良さがわかりますよね。

それでは、失礼致しました。

2008年08月29日 23:48
>サラさん
コメントありがとうございます。
サラさんもブログに「禁書」のレビューを書いておられるようですから、後ほど読ませていただきます。
ジュン(♀ですが)
2008年09月08日 02:38
非常に分かりやすい内容でした!

購入するかどうか悩んでいましたが、買います。

学校が終わったら、さっそく行こうと思います♪

ありがとうございました。
2008年09月08日 21:37
>ジュンさん
こんばんは。
購入するかどうかで参考になったようで、私も嬉しく思います。
アルバム買いましたら存分にお楽しみ下さい。

この記事へのトラックバック