運命準備委員会 ファイナルプライベレポート

 16、17日に渡ってPBM「運命準備委員会」のファイナルプライベ(ファイナルイベントではなく)が開催されまして、私も行って参りました。
 諸々事情があるらしく、エルスウェアが公式のファイナルイベントを開催しなかったので、PL有志がファイナルプライベを企画して先月中頃に参加者募集がありまして、開催まで1ヶ月もありませんでしたが、会場で貰った名簿によると日帰り、宿泊合わせておよそ30人もの参加者が集まりました。

 会場のホテルコンチネンタルがある府中へはJRと京王線を乗り継いで着きましたが、駅からホテルまでは歩いて5分もない距離にありました。駅からホテルまでかなり歩かなければならなかった去年のブラッドオペラのファイナルイベントとはえらい違いで、他の人も話のネタにしてました。
 で、ホテルの前に着きますと、こういう場所では定番となっている会議室の利用状況の所に「八十神学園同窓会」と貼り紙がしてありまして、分かる人にはファイナルプライベだと分かりますが、年齢層の幅をどう言い訳するのかと後で話したものです。
 流石にファイナルとはいえプライベですからオフィシャルのようにイベントがぎっちり詰め込まれているわけではなく、開会式の後は参加者同士思い思いにしゃべっている合間にライブゲームがあるという感じで和やかなものでした。それでもプライベとは言えファイナルですから(笑)ライブゲームはそれなりに盛り上がりました。複数の参加者が集まってグループを作り、スタッフと参加者の中に隠れている書記と信徒を探すというゲームで、スタッフからヒントを貰ってそれを元に書記と信徒を推理するのですが、ヒントを貰うためには

①スタッフが出すクイズに正解する
②スタッフとキャラクターシートを見せ合い、絆ポイントで上回る
(但し、回数制限付きでスタッフは絆ポイントを倍に出来る)
③スタッフとジャンケンして勝つ

 上のいずれかの条件を満たさなくてはならなくて、①のクイズは難易度が高いそうでしたし、②のキャラクターシートは私を含めて絆ポイントの高い(最低1万を超えてないと勝つのは難しかったそうです)のを持っていませんでしたし、結局残った③のジャンケンでグループの全員が勝負することに。どのスタッフがグーチョキパーのうちどれを出す傾向があるか他グループの参加者との勝負を見て皆で真剣に考えたりしましたが、それでもこの手の勝負は時の運で、4人のスタッフのうち2人としか勝てませんでした。
 そんなこんなで集めたヒントを整理したり、他のグループとヒントを見せ合ったりしてうちのグループは答えを弾き出したのですが、残念ながら4人中1人しか正解してませんでした。私はろくに考えなくてヒントを取ってくるだけでしたが、それでも全員正解したグループが2つもありましたし、ちょっとばかり悔しいです。

 という感じでライブゲームが終わり、6時近くになると宿泊の参加者は客室のキーを渡されそれぞれの部屋へ。基本的に2人ずつツインルームに配置されるのは去年のファイナルイベントと同じで、部屋の感じも大体同じです。この手のイベントで客室と言えば荷物置いてシャワー浴びて寝るだけの空間というのが私的な感覚ですから、感想が素っ気なくなるのはご勘弁のほどを。

 そう言うわけで荷物を置いてまた会議室に集合すると、全員でホテルの外にある居酒屋に移動して食事会に突入します。
 ただでさえゲームを中心に話が弾むのに、そこへ酒が入ると一層話に熱が入ります。私の周りでの主な話題はエルスウェアの次回作がどんなものになるだろう話で、ポピュラーなファンタジーやSFには手を出さないエルスウェアだけに、どんなジャンル及び世界観になるか全く予想が付きません。その前に次回作自体があるのかという意見もありますが、その辺も含めて今年中に発表があればいいかなと思います。
 参加者の大多数と同じく私も酒が入りますが、5月の失敗がまだ記憶に残っているのである程度酔いが回ると2日目に響かないか不安になり、ホテルに戻ってからも続けて飲む人も結構いて、飲まなくても遅くまで起きているという人もいましたが、私は二日酔いにならないよう水分を多めに摂るとシャワーを浴びて午前0時過ぎには寝ました。

 そして迎えた2日目。
 寝たのが(普段と比べれば少しだけ)早かったおかげで7時過ぎには起きて朝食のバイキングを取ります。寝る前に摂った水分のおかげかアルコールはほとんど残ってなく、人並み程度に食べると身支度を済ませて会議室へ行き、本を読んだりして閉会式までの時間を潰してました。で、他の方も閉会式の時間が迫るにつれてやって来ますが、話を聞く限りだと昨夜は日本酒やワインなど相当な量のアルコールが消費され、午前4時まで起きていただの3時間しかねなかっただの1時間だのという話も聞きました。普段会わない人同士が会える機会ですから遅くまで一緒に過ごしたい気持ちは分かりますけど、私には体力的に真似できません(汗)。
 そんなこんなで閉会式を経て運命準備委員会ファイナルプライベが一応は終わりますが、私を含め半数近くの人が会議室に残ってます。11時を回るとチェックアウトの時間があるので会議室を出て、主催者の人が精算を済ませて出てくるのを待って更に数人が離脱すると、府中駅前で早めの昼食を取ります。
 昼食後とりあえず新宿に出まして、地方在住の人で電車の時間を確認してからカラオケに入ります。
 ここまではマニアックかそうでないかを問わず集団にありがちな行動ですが、グループの中核メンバーで定番なのかそれともたまたまだったのか、およそ3時間に及んだ中で酷くマニアック、際物な選曲が多かったです。数曲ピックアップすると、「青のり」「ビール」「日本ブレイク工業 社歌」「死ね死ね団のテーマ」(順番は違ってると思います)と来て、他の人も負けじとマニアックな曲を探すのですから推して知るべしです。私も他の方々と同様に「カチューシャ」テンポ最大バージョンや軍歌を歌いますが、明後日の方向に行っただけじゃないかと後で後悔したり。辛うじて「逆転イッパツマン」がギリギリ引っかかっていたでしょうか。それでも後半になると次第に普通な曲も出てきて、私もポルノグラフィティを歌ってました。それでも時間が迫って最後に歌われた曲が「ウルトラリラックス」でしたから、最初に決まったノリは最後まで続いてました。
 そんなわけでカラオケを出ると、今度こそ解散となり、私はせっかく新宿へ来たのだから小説の取材を兼ねて少し歩き回ろうかと思いましたが、流石に疲れには勝てず京王百貨店で開催されていたイタリア展をちょっと覗いただけで家に帰りました。

 まあ色々ありましたが、凱さんなど普段ネットでしか話せない人とも会えまして、楽しい2日間でした。
 特に工夫もない締めで申し訳ありませんが、これで運命準備委員会ファイナルプライベレポートを終わりにいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック