運命準備委員会 最終リアクション

 いつもより余計に待っておりました。

 てなわけで、私も参加者の皆さんも今か今かと待っていただろう、PBM「運命準備委員会」の最終リアクションが届きまして、皆さん悲喜こもごもと思いますが、いつも通り私の方の結果報告と参りましょう。

 まず二宮光はSeenaマスターのシナリオで愛染朱華、浅葱の誕生日パーティに出す料理を作りました。と一言で書いたら相変わらずのように思えるでしょうが、今回は前回記憶を失った朱華に記憶を取り戻させるために、これまでの双子絡みのイベントで作った料理を全て再現しましたから作らなければならない量の多いこと。同じように双子絡みのイベントで大体料理を作ってきた青海風子さんと一緒に調理実習室でてんてこ舞いしてました。でも同じ意図で他のPCたちが行った、これまでの双子絡みの事件を元にした人形劇で、劇が進むごとにその時出した料理を光たちが振る舞うという、アクションに書いてなかったこともありまして、そうかそういう手もあったんだと思ったり。もう一つの「卵のアルバム」を贈呈するアクションはリアクションに描写されないし(アルバムは双子の手に渡りましたけど)、結局朱華の記憶は戻りませんでしたが、『忘れたことは全部みんなが覚えてるし、記憶をなくす前はみんなと仲良くなれたんだからこれからも仲良くなれる。だから大丈夫』な感じでまとまりました。ブラッドオペラで同じSeenaマスターのシナリオの終わり方と比べたら、もう天と地な感じのハッピーエンドですね。
 でも最後のマスターよりで、このシナリオで運命準備委員会の全てのシナリオをひっくり返す可能性もあったとかで、流石はSeenaマスターでしょうか。
 続いて瀬能咲は最後も生徒会長委員会に出席。まあ元々特設校の活動のために作ったキャラですし。冒頭でお茶会に参加して、審議では鎮魂祭の開催についてと建築物等復興協力についての議題に賛成票を投じ、どちらも可決されました。最終的に特設校、咲本人共にあまり目立ちませんでしたが、僅かなりともゲームに影響を与えられたのですから私的には成功したと思います。

 では次にPCデータの報告を。

 まず二宮光は運命が

 ノヴァリスの剣舞 21→21
 暗殺者の想い出 43→43
 文学者の想い出 31→31
 抗い続けた少女の想い出 99

 アクションでどこもチェックを入れてませので全く変化はありません。絆ポイントは7200→8150で950のアップ。前回と同じですけどアクションの結果を考えると高いのか低いのか、はてさて。
 瀬能咲は生徒会長委員会に出席していたので、

 ウルリーカの第三の腕 12→12
 音楽家の想い出 11→11
 メイドの想い出 2→2
 抗い続けた少女の想い出 99

 以上のように全く変化はありません。絆ポイントは5200→5950で750のアップ。議題を提案も可決もしなかったのに前回より100低いだけとは、今更ながら生徒会長委員会は絆ポイントアップの基準が分かりません。

 ともあれ泣いても笑っても運命準備委員会の本編はこれで終わりです。あとは総集編への投稿が残ってますが、しばらくは時間に余裕が出来そうです。なんて言ってもその総集編やコミケとかでやっぱり忙しないんでしょうが。ちなみに総集編と全リアクション集は既に代金を振り込んでますのでご心配なく。
 それにしても次回作がどんなものかと楽しみにしてましたが、しばらく休むとのことで残念です。ホームページ等で発表するとのことですが、今年中にあれば良しと気長に構えましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック