運命準備委員会 第7ターンリアクション

 今週月曜日にPBM「運命準備委員会」の第7ターンリアクションがメールで到着し、本日郵送でも到着しました。
 というわけで、簡単ではありますが結果報告と参りましょう。

 まずお花見で朱華の護衛をするアクションをかけた二宮光ですが、光や朱華たちと離れた場所で戦いがあり、とうとう死人が出てしまいました。とりあえず花見当初の予定とは別の場所で行われましたが、せっかく鉄板を持参したのにその場で焼きそばを作ることができず、一度寮に帰って作ってくることに。病室に戻った朱華にラ・モンが今度ははっきり名乗って現れますが、本人曰く「二人に分けられている」とのことで、もう一人は浅葱に宿っていると考えるのが順当です。
 一方生徒会長委員会に出席した瀬能咲は、福祉ボランティアの活動促進の議案に全ポイントを投入して無事可決し、荊冠十字学園の面目躍如と言ったところです。もっとも賛成が圧倒的に多かったので、こちらが参加しなくても結果は変わらなかったのですが(笑)。

 ちなみにPCデータの変化ですが、まず光は運命が

 ノヴァリスの剣舞 21→21
 暗殺者の想い出 16→33
 文学者の想い出 16→16

 特に活躍できたわけでもないし、推奨属性でもないのに暗殺者の想い出が一気に17レベルも上がってます。更には絆ポイントも4100→5200と1100ポイントの増加で、特設校と日常アクションに記入した清掃活動のボーナスを考慮しても相当な上がり方です。
 その一方で瀬能咲は、運命が全く変化なしというのは生徒会長委員会に出席しているので仕方ないのではありますが、3250→3750と500しか上がってないのはどういうことでしょう? 生徒会長委員会委員会では議題に票を入れるだけでは絆ポイントはそれほど上がらないのでしょうか? スケジュール的に議題を提出できるのはあと2回、可決後の効果が現れるようにするには事実上次回のアクションしかチャンスはありません。
 ゲームも終盤に差し掛かり、悔いのないようにしたいとは思うのですが、ここで改めて自分のプレイスタイルを見直した方が良いのだろうかと考える今日この頃です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック