運命準備委員会プライベートリアクション たった二人のスタート

 私立八十神学院──城輪丘陵に広がる敷地内に中等部、高等部、大学部を擁し、開放的な校風で日本国内から広く生徒を集めた学校……とは表向きの話。その実態は超古代文明時代の記憶と特殊な能力を持って現代に転生した者たち──輪楔者のコミュニティであり研究施設である。従って、学校の形態は取ってあるものの生徒、教職員とも全て輪楔者で占められ、他の学校では見られない事件が起こったり、独自の制度も存在した。
 そんな制度の中でも最も特徴的なのが、特設校設立制度である。
 これは「学院生徒による自主学習推進」を目的に、生徒が集まって申請することで独自の方針を持つ学校を作り、学習及び「輪楔者が持つ特殊な能力「運命」の覚醒に励むことができるよう定められた制度で、実績があり生徒数の多い特設校なら学院から貸与される校舎やその他の施設も大規模なものになるが、逆に設立して間もなく生徒数も最低限しかいないと……

「小さいわねぇ」
 瀬能咲はそう口に出す。彼女が言う通り、目の前に立っているその建物は目測でおよそ5メートル×6メートルほどの平屋、しかも木造で、小屋と言った方がしっくり来る外観だった。これが咲たちの設立した特設校「荊冠十字学園」の校舎だというのだから、溜め息の一つも吐いても仕方ないだろう。
「仕方ないですよ。申請した時の生徒数は最低必要人数の3人。うち一人は設立が認められてすぐに行方不明になっちゃったんですから」
 咲の後ろで二宮光が答える。こんな粗末な建物を校舎に割り当てられて、流石の咲も意気消沈したかと思ったが、光の方を振り向いて、
「まあ、それならそれで一から大きくしていく楽しみがあるってものよ」
 ニカッと笑いながら言ってみせる。
「おっと、光君もいるんだから二からだったわね。ごめんごめん」
 ああ、いつもの咲さんだ。
 光も釣られて微笑む。元々この荊冠十字学園の設立を計画していたのは光だったが、何かと後ろ向きになりがちな彼とは正反対に、前向きで快活、行動力もある咲を代表にして正解だったと光は思った。
「さて、それじゃまずはこの建物を名実共に私たちの校舎にする作業と参りますか」
 そう言って、咲は両手に抱えている物体に目を向ける。長さの違う角材を直角に交差させたそれは、
「それにしても、何で学校に十字架を付けるんですか? それに、僕たちの制服だって」
 そう尋ねる光が着ている荊冠十字学園の男子用制服は、カトリックの神父が着るような丈の長い黒の詰め襟で、咲の女子用制服はシスター服を模した紺色のワンピースだった。
「何度も言ったでしょ、うちはミッション系のイメージで行くんだって。ただ前世とかの贖罪が目的と言うだけじゃ重苦しくて人が来ないし、光君みたいに前世の罪を背負ってる以外の人も集めて奉仕活動を展開させたいのよ。そのためには宗教が効果的なの」
「宗教って、咲さんはクリスチャンじゃないでしょう?」
「だって、仏教よりキリスト教の方がお洒落じゃない!」
「まあ、イメージが大事だというのは僕も理解できますし、好みは人それぞれですからね……」
 既に何度も繰り返してきた問答を終え、光は入口上の屋根に十字架を取り付けるため、持ってきた梯子を校舎に立てかける。
「じゃ、頼んだわよ」
 咲は十字架を光に手渡す。
「私は中の掃除をしてるから、光君も終わったら手伝って。明日は朝から商店街の掃除の手伝いをするから今日中にひと区切り付けるわよ」
「あのぅ、最初に活動方針を決める時、他人に贖罪の仕方を強制しないことにしましたよね? 決めた本人がそれに反することをするのはまずいんじゃ……」
「何言ってんの」
 心外だとばかりに咲は眉を寄せる。
「これは強制じゃなくて、背中を押してあげてるの。いくら贖罪のチャンスがあったって、及び腰になってたら意味ないじゃない? ちょっとしたことから贖罪のチャンスが見つかるかも知れないんだし、背中を押して前を先導する人が集団に一人くらいいなくちゃ。というわけで、今後ともよろしく!」
 そう言って、咲は光の背中をバンと叩く。流石にこれは、背中を押すなんてレベルじゃないよねと思いつつ、光は苦笑いを浮かべながら梯子に足を掛けるのだった。


 はい、運命準備委員会で初めてのリアクションです。
 最初なので私のPCのみの登場でしたから、読んでいる皆さんには期待外れだったかも知れませんが、荊冠十字学園の雰囲気はこんなものだとアピールする意味で書いてみました。活動方針上、重いイメージがつきまとうのを緩和するために上のような話を書きましたが、大人しめの光と活動的な咲の対称的なコンビは掛け合いの台詞がすぐに浮かんで書きやすかったです。
 次回からは他のPLのPCも登場させた作品を書こうと思いますので、オリジナル小説の執筆やその他のこともありますからいつお見せできるか分かりませんが、期待していてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック