運命準備委員会 荊冠十字学園 予定専用運命暫定案追加

 第3ターンでようやく設立できた特設校「荊冠十字学園」ですが、今回転入希望者が一人もいなかったので未だ3人(実質2人)しか生徒がおりません。会誌に色々投稿をしたのでそれを見て何人来るだろうかと期待もしますが、ただ待っているだけでも何なので、ネットでもちょっとしたテコ入れをば。

 荊冠十字学園では上級特設校に昇格した際の専用運命の暫定案をHPで紹介してまして(まだ全然人数がいないくせにというのはナシですよ)、以下のようなものです。

暫定案1・修道生活の思い出
 あなたはかつて、人里離れた修道院で祈りと労働の厳しい日々を過ごした修道士だった。
 あなたはあらゆる肉体的な苦痛や疲労を数秒から数分の間耐えることができる。ただし、耐えるだけなので時間が過ぎるとその間に被った損害を時間差で受けてしまう。

 はい、「ブラッドオペラ」に参加したことのある方なら分かると思いますから正直に言いましょう。湯どうふの追加ギフトのそのまんまパクリです。使い勝手が良いし、罪の重みに耐えつつ贖罪の道を模索する学園の方針にピッタリだと思いまして。
 ですけど、暫定案が1つだけというのも何ですし、もう一つ思いついた案がありますから、この機会に追加することにしました。以下がその暫定案です。

暫定案2・宣教師の思い出
 あなたはかつて、16世紀世界中にキリスト教を布教して回ったイエズス会の宣教師だった。
 あなたは未知の言語を習得するのが得意で、1人から複数を相手に物事を教えることにも長けている。

 先程の暫定案1と同じく、こちらもキリスト教絡みの運命です。私自身はクリスチャンではありませんが、趣味でキリスト教(特にカトリック)の歴史や美術の研究をしているので、こういう設定を作ってみたかったんです。
 校舎の屋根にも十字架を付けたり、内部にそれっぽい装飾をして、ミッション系な感じの学校にしようと思ってますが、基本的に所属する生徒及び教職員の信教・宗派は問わない方針で行きますので、興味がありましたら気軽に右のバナーからHPを見に来てください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック