コードギアス 反逆のルルーシュ 第1話「魔神が生まれた日」

 10月からの新作アニメラッシュで私もいくつかチェックしておりますが、落ち着いたところに真打ちという感じで、色々話題になっている「コードギアス 反逆のルルーシュ」が遂に始まりました。ええ、もちろんチェックしてますとも。

 超大国ブリタニア帝国に侵略され、エリア11と改名された日本を舞台に、ブリタニア人に生まれながらブリタニアの破壊を目指すルルーシュと、名誉ブリタニア人というブリタニア人からは蔑まれ、イレブン(この世界の日本人の呼び名)からは憎まれる立場に敢えて身を置き内部からブリタニアを改革したいと夢見るスザク、この2人の少年を中心に繰り広げる物語……彼らの目的と言いストーリーと言い壮大の一言ですね。
 ちなみに今回は明晰な頭脳と決断力を持ちながら、ブリタニアへの憎悪を内に秘めつつ生きるルルーシュが、テロリストが奪取したトレーラーの中で出会った少女から正体不明の能力を譲り受けるまでの過程が描かれています。何せ命令するだけで人を殺せる能力ですからね。これにルルーシュの頭脳が加われば、どんな化学反応を引き起こすか。デスノートを手に入れた夜神月とダブってしまったのは私だけではありませんでした(笑)。
 話の最後にルルーシュが見せる笑みがまた凄絶ですが、こう言うのは嫌いじゃありません。と言うか、こういうダークなキャラクターを見ると、現在書いている小説のイメージを膨らんできまして、ストーリーにキレが出そうですから、「新宿仮面舞踏会」の続きを待っている方、楽しみにしていて下さい。
 あっそうそう、登場早々いきなり撃たれたスザクですが、もちろんこれで終わるとは微塵も思ってなく、何故か予告編が放送されないものの、タイトルから次回はスザクが中心の話のようですから楽しみに待つことにしましょう。

 さて、ALI PROJECTファンとしては当然忘れてはならないのがエンディングに流れる「勇侠青春謳」で、画面が付くと音だけよりも迫力が段違いなのは、やはり作品への期待ゆえでしょうか。ああ、早くCDが発売されてフルコーラスで聴きたい。でもって、更にはライブで聴きたい。できれば今年中に聴きたいと思うのは私だけでしょうか?
勇侠青春謳

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック