アニメ 夢使い第12話「夢仕舞い・塔子の選択」

画像

 前回悪夢に囚われてしまった塔子に代わって夢見を試みる燐子。
 下手をすれば夢に引きずり込まれて戻ってこられなくなるので橘は止めようとしますが、塔子を助けるためには悪夢の正体を突き止めなくてはならないと燐子に言われ、橘もそれは十分分かってますからそれ以上は止めることができません。

画像

 それからしばらくは、燐子の夢見と悪夢に囚われた塔子の回想が同時に展開される形で進みます。
 幼い頃、どこにでもいる無邪気な父親好きな娘だった塔子。しかし母親が死んでから、父親は母親の思い出ばかりで塔子を見なくなり、そんな母親への嫉妬と父親への想いが、父親好きは恋へと変わっていきますが、無論それはままならぬ恋で、父親が受け入れてくれるはずがありませんでした。

画像

 そんな鬱積するばかりの塔子の想いはついに父親の形をした悪夢を生み出してしまいますが、塔子は悪夢と知りつつも、それが父親の姿をして、自分だけを見てくれることに幸福を覚えます。しかし、やがて悪夢は暴走し、それから塔子を守るため父親は命を落とし、塔子自身の左目も夢は映すが涙を流さなくなってしまったのでした。
 その後、塔子は2代目童遊斎の名前を受け継ぎ、世捨て人となることで、あの時死ぬのは自分だったはずが、代わりに父親を死に追いやった罪の意識に耐えようとします。ですが、滅びを望む少年・榊圭吾と出会ったことで塔子の中の死を望む心がぶり返し、それが悪夢を甦らせてしまったのです。しかも今度は、あの時の自分の姿をした悪夢と共に。
「私は復讐する。お父様と一緒に、私自身に復讐する……」

画像

 燐子から全てを聞かされた橘、美砂子、そして到着した三時花は一様に驚きを隠せませんが、同時にこれまでの塔子の言動にも納得することができます。
 話し終えると燐子は居ても立っても居られず、例の裏山の洞窟に走っていきますが、蛇の大群に阻まれ、危ないところを橘に救われます。そして、橘と三時花にその場を任せ、自分は夢使いの能力でドリルマシンに変身し、一足先に姉の元へ急ぎます。

画像

 悪夢の元へどうにかたどり着いた燐子が見たのは、悪夢によってはり付け状態にされた塔子の姿です。この場から去るように塔子は必死に叫びますが、はいそうですかと従うわけがなく、燐子は戦いを挑みますが、幼い塔子の姿をした方の悪夢にさえ防戦状態どころか防戦さえままなりません。
 最後の手段と、燐子は父親の形見の面を箒神に入れ、亡き父親の力を借りようとしますが、うんともすんとも反応しません。これは見てはいけない夢を見た自分自身への復讐と言う塔子に対し、見てはいけない夢なんかないと燐子が叫ぶと、突然箒神が強烈な光を放ち辺りを包み込みます。
 光の中、塔子の目の前に現れた父親は、彼が抱く小さな小さな燐子に語りかけます。
「夢使いになるなら、夢の良し悪しを言ってはいけない。夢は人の真実の想いなんだ。人は夢の世界でだけ、本当の自由になれる。
 現世は夢、夜の夢こそ真実。悪夢に出会った時も、その言葉を忘れないように。この世にあるから悪夢に見えるだけだ。見てはいけない夢なんか無いんだよ。決して憎んだり、恐れたりすることはない……」
 そう語り終わって塔子に微笑みかけると父親の姿は消え、代わりに現在の燐子が現れます。
 塔子が父親を好きになったことを悪いとは思わない、と言う燐子。これまで女の子同士の恋、教師と生徒&実の兄妹の恋など、色々な恋を見てきましたが、これらと同じで、燐子が言うようにたまたま現実のルールと合わなかっただけで、人を好きになるのに良いも悪いもないのでしょうか? まともに恋愛をしたことのない私には答えを出しづらいですね。でもまあ、それこそ恋愛の形を同じように、結論も人それぞれですから。

画像

 そして、ようやく塔子が復活!!
 橘と三時花も追いついて、全員で悪夢を夢に返そうと戦いますが、流石に夢使いが生み出した夢だけあって一筋縄では参りません。
 そこへドリームサイクロンの修理が終わった美砂子が到着。転送機能がまだ修理できてないそうなので美砂子が持ってきた円目王に直接アクセスしてダウンロード。4人用にパワーアップしたドリームサイクロンで撃ち出された塔子と燐子によって、悪夢は倒されます。

画像

 その後──
 過去からも父親への想いからも逃げないと決めた塔子。年頃の女の子らしいワンピース姿に、ようやく世捨て人も卒業かと思いきや、風が吹いてスカートがめくれると、下にはジャージが!
 結局、何処まで行っても塔子は塔子なわけで……
「往く道一つの唯一つ。これが我らの生きる道!」
 塔子と燐子のこの台詞でアニメは終わりますが、塔子たちの道はこれからも続いていくのでしょう。

 設定の微妙な違いや、話がオリジナルであることから、かなり戸惑いもありましたが、終わってみれば夢使いのテーマがちゃんと伝わって、演出などもしっかりできていた良いアニメだったと思います。
 是非とも続編が放送されて、今度は原作の話を出して欲しいなと思うのは私だけでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 夢使い 第12話

    Excerpt: 「夢仕舞い・塔子の選択」 最高でした~(#^.^#) 「うつし世はゆめ よるの夢 Weblog: Brilliant Corners racked: 2006-07-04 09:23
  • 夢使い・最終話

    Excerpt: 「夢仕舞い・塔子の選択」 終わってしまいましたね。最終回の内容はほぼ予想通りでした。逆に言えばもっとヒネリやタメが欲しかったですが、この結末で良かったとも思っています。 以下本格的にネタバレしてます・.. Weblog: Pinkの悪魔 racked: 2006-07-04 09:34
  • 夢使い_20060627_12「夢仕舞い・塔子の選択」

    Excerpt: 2006年06月27日26時54分 朝日放送 夢使い 12話「夢仕舞い・塔子の選択」 ♪けいこ不足を 幕は待たない   恋はいつでも 初舞台~♪ 夢仕舞いと聞いて、脳内に 梅沢富美男.. Weblog: おたくの視聴ログ racked: 2006-07-04 19:57
  • 夢使い 第12話「夢仕舞い・塔子の選択」最終話

    Excerpt: 塔子の母が亡くなったあと、塔子を見ることが無くなった父を男として愛してしまった娘。 塔子の思いが悪夢を生み、その悪夢退治に父が死んだ。 父の死は自分のせいだと世捨て人になった塔子の悪夢が蘇える。 .. Weblog: Cross Channel racked: 2006-07-04 22:25
  • 夢使い 「夢仕舞い塔子の選択」

    Excerpt: 今回は、ダブルキャノンのドリームサイクロン。破壊力、当社比2倍ですか。 Weblog: ゼロから racked: 2006-07-04 22:51