アニメ .hack//Roots第10話「Missing」

画像

 ロストグラウンド“コシュタ・バウア”上空の神殿へと転移した<黄昏の旅団>プラスBセット、ゴード。エンダー率いる<TaN>の暗部も後を追ってきたので、オーヴァンを先に行かせてハセヲたちは時間稼ぎのために<TaN>を足止めすることに。
 神殿の上層部へと進んだオーヴァンの前に、いわくありげな扉が。この向こうにキー・オブ・ザ・トワイライトが?

画像

 一方ハセヲたちはエンダーたちを相手に苦戦を強いられますが、オーヴァンがキー・オブ・ザ・トワイライトを手に入れられればこちらの勝ちだと、士気を鼓舞しつつ持ち堪えます。それでもオーヴァンから全く連絡が来ないのに業を煮やし、ハセヲが様子を見に行くことに。
 何故自分なのかと問うハセヲに、
「あなたは、オーヴァンの未来だから」
 志乃はそう答え、意味を理解しきれないながらも奥へ入ります。

画像

 ところが、扉の向こうでオーヴァンを待っていたのはキー・オブ・ザ・トワイライトではなく、<TaN>のマスター直毘。そう、全てはオーヴァンを捕らえるために用意された罠だったのです!
 直毘の話だと、キー・オブ・ザ・トワイライトのことをオーヴァンに教えたのは直毘のようです。システム管理者さえ手の出せない領域があるだけでなく、プログラム自身が自立性を持ち、あるべき姿を模索する不思議なゲーム、The Worldの中にあって、ある時には禁断の腕輪、ある時には究極のAIと形を変え、常に世界をより良き方向に導こうとする存在。それがキー・オブ・ザ・トワイライトだと。ですが、The WorldがR2になった時点で失われており、何故探すのかと尋ねる直毘に対し、
「かつて存在した物なら、今もあるかも知れないという可能性に賭けて探さなければならなかった」と答え、では何故探さなければならないのかという問いには、プライベートな理由と返します。
 私としてはそのプライベートな理由とやらが気になりますが、直毘はあまり興味がないようで、オーヴァンを拘束して、本命の目的であるオーヴァンのキャラクターデータを解析しようとします。
 まあ、キャラクターデータのサイズがエリア1個分もあるのでしたら、素人でもおかしいと思いますが、それを調べるというのはシステム管理者のやることのような気が。
 そして時を同じくしてエンダーたちも退却。ハセヲが上層部にたどり着いたときには既に遅く、ボロボロに破壊された部屋があるだけで、オーヴァンは影も形も見当たらないのでした。

画像

 戦いが終わって数日後、タウンでは<黄昏の旅団>がキー・オブ・ザ・トワイライトを手に入れたという噂で持ちきりですが、Bセットの表情は冴えません。
 ですが、そんな噂を耳にしてもフィロはいつも通りな感じで、さして驚いたようには見えません。
「年を取ると、大概のことには驚かなくなる」と理由を答えるフィロに対し、Bセットはそれは違うと言います。
「動かないと、いつもここにいるばかりじゃ、驚きは向こうからはやって来ない。今回それをあなたに教えて貰った、だからお礼を言いたかった」
 旅団と<TaN>の戦いで背中を押して貰った礼が半分、普段他人に助言などをするばかりで自分からは動かないフィロに対する皮肉が半分のように聞こえるのは私だけでしょうか?

 他の旅団の面々にしてもBセットと似たり寄ったりで、<TaN>が退却してから散々探し回ってみましたが、ハセヲたちが通った道以外に外への出口はなく、そもそもエリアを出るにも一旦強制終了しないと戻れなかったという有様です。未だにオーヴァンとの連絡が取れない状況に、匂坂に至っては、オーヴァンがキー・オブ・ザ・トワイライトを独り占めして逃げたのではと、思わず口走ってしまうくらいですから、深刻さの程がうかがい知れます。

画像

 結局、もう少し待とうという志乃の一言でその場は締めくくられ、その後ハセヲがおなじみの滝のエリアに足を向けると、独りたたずんでいる志乃の姿が。
 オーヴァンとリアルでも顔見知りであると以前聞いていたハセヲは、リアルでオーヴァンと連絡を取ったのかと訊きますが、返事はなかったと悲しげに答えます。
 そして、少しの間こうさせてとハセヲに寄りかかる志乃。コラコラ、男の子に対してそういう行動は危険ですよ、色々な意味で(笑)。普段気丈なイメージのある志乃ですが、オーヴァンが行方不明になって、相当参っているようですね。

画像

 しかし、うなだれてばかりでいられないと分かっている志乃、早速行動を起こします。
 暗部の存在が明るみに出てパニック状態の<TaN>を必死で支えようとしている俵屋と接触し、万一のためオーヴァンから託されていた、<TaN>が裏で行ってきた不正の証拠データをネタに、オーヴァンを取り戻そうとします。そう言えば、前回直毘とエンダーの会話で、不正を調べられているという話がありましたね。俵屋も言ってますが、これはもう取引じゃなくて脅迫です。志乃らしくない強引なやり方とは思いますが、それだけ追い詰められていると言うことでしょう。
 それにしてもこの和風チックな建物、俵屋なりにこだわりがあるのでしょうが、ゲームの世界観との調和というものを考えて欲しいと思うのは私だけでしょうか? ラグナロクオンラインをプレイしている(最近全然やってないけど)私が言うのも何だと思いますが(苦笑)。

画像

 ですが、俵屋さえも直毘の居場所を知らず、<TaN>の総力を挙げて探しますが、ようとして掴めず、結局証拠データはシステム管理者に渡ってしまいます。
 その知らせを聞いても直毘とエンダーは意に介さず、後腐れが無くていいとさえ話します。以前から<TaN>や俵屋たちを捨て石扱いしている言動がありましたが、実際にこうもあっさり見切りを付けられるとは。それよりも彼らが興味を持つオーヴァンのキャラクターデータの意味は? 話数が2桁に入っても、まだまだ先が読めません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • .hack//Roots 第10話

    Excerpt: 全ては直毘の罠であり、オーヴァンが捕らえられてしまう話。 ここから新展開という感じですが、結局キー・オブ・ザ・トワイライトってなんだったのやら。 2になって失われたらしいですが、本当のところはどう.. Weblog: パズライズ日記 racked: 2006-06-11 11:58
  • (アニメ感想) .hack//Roots 第10話 「Missing」

    Excerpt: .hack//Roots 1/アニメ いよいよ、「キー・オブ・ザ・トワイライト」への道は開かれた!襲いかかるTaNのPC達と戦うハセオ達。その間に、オーヴァンは神殿の上層を目指し進みます。そ.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2006-06-12 05:21
  • .hack//Roots第10話「Missing」

    Excerpt: たぶん、直毘がワイズマンであることは間違いないと思う。オーヴァンに対して、キーオブザトワイライトが時に禁断の腕輪、時に少女の姿を取ることを語っているから。そのことを知っているのは、前シリーズでのカイト.. Weblog: 蜂列車待機所日記 racked: 2006-06-12 17:49