久米田康治 さよなら絶望先生 第3巻

 最近アニメの紹介がほとんどになってますが、本の紹介をやめるつもりはありません。
 で、久しぶりに紹介するのが、以前も紹介した久米田康治先生のコミック「さよなら絶望先生」第3巻です。

 3巻になって新キャラクターの登場も一段落しまして、話のネタも文化祭、修学旅行と学園物の定番や、天下り、間違い探し、冬眠など、社会に転がっている何気ない事柄を絶望先生やクラスの生徒たちによってシュールの効いたギャグにしています。
 私もアマチュアながら創作をする身として、話の度に新キャラクターを登場させ、それに寄りかかった話作りになりがちなものですから、こういう日常のありふれたことから話を作る技術は簡単なように見えて実は結構難しいことが分かります。
 だからこそ、既に発売されてから2ヶ月近く経ちますが、それでも敢えて紹介したわけです。
 自己満足と思う方もいると思いますが、誰か一人でも参考になったという人がいましたら幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック