たかいわ勇樹の徒然なる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS デザインフェスタ vol.42レポート その2

<<   作成日時 : 2015/11/24 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
 さて、1階を回り終えると上階に上がりますが、ブースを回る前に昼食と、いつものパターンです。
 曇りで少し冷えていたので体を温めようと「香港飲茶」で黒ごま担々麺と、辛さを中和するための胡麻団子、そしてビールです。

画像
 上階のブースで最初に紹介しますは以前も紹介した、密着バネとそれをつなぎ合わせるジョイントパーツの組み合わせで様々な物を作る「すぷりんく」です。
 今回は目玉である剣を構えた写真を撮影して頂きまして、スタッフの方に感謝です。

SpLink
http://splink.shop-pro.jp/

画像
 次にこちらの「ibitsu xaique」で、ブースにドンを置かれたミサイルのような作品のインパクトに足が止まって撮影しました。
 作者のzenju(ゼンジュウ)さんによると、ジュール・ヴェルヌの作品で有名なノーチラス号だそうで、デザインと言い大きさと言い、いかにも子供が喜びそうです。
 私も小さい頃、大きな箱のプラモデルに目を輝かせていたのを思い出しましたよ。

jules verne @ ibitsu xaique
http://ibitsuxaique.blogspot.jp/

画像
画像
 こちら、デザフェスのレポートで何度も紹介している「螺旋病院」ですが、単独ではこれまでで最大の大きさでの参加です。
画像
 独自の世界観を大きく表現しておりましたが、その片隅では引き出しの中にピンが沢山刺さった本が。
 文字が紙の上で動かないよう固定しているようですね。
 紙の上で文字は躍る。されど人もまた世界という紙の上、なんてね──

画像
 さて、上階で紹介する最後は、暗いエリアで出展されていたkisatoさんのブースです。
 前回のデザフェスでもサンドアートで出展されていましたが、
画像
画像
画像
画像
 今回はガラス板の上に粉ガラスをサンドアートを描いて焼き付けた絵硝子の作品も展示されてました。
 暗い中で色とりどりの作品がとても映えてまして、サンドアートも含めて今後の展開に期待しております。

サンドアート・kisatoの砂世界
http://kisatosandworld.com/

 と言うわけで、上階のブース紹介は以上です。
 今回はステージも見て参りまして、次にそちらの紹介もしますので、しばしのお待ちを。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
高岩様、ご丁寧にご紹介をいただきまして有難うございます。今後への励みになります。これから何度か、<プレヴェルヌ展>を重ねて2年後にはしっかりした<ジュールヴェルヌ展>を開催する予定ですので宜しくお願い致します。夢ッ破ことzenju
夢ッ破
URL
2015/11/26 08:16
>夢ッ破さん
こんばんは、わざわざこちらまでコメントをありがとうございます。
ノーチラス号は本当に大きかったですよ。
たかいわ勇樹
URL
2015/11/26 23:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
デザインフェスタ vol.42レポート その2 たかいわ勇樹の徒然なる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる