たかいわ勇樹の徒然なる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 会津・日光旅行記 2日目、3日目

<<   作成日時 : 2015/09/22 19:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2日目の朝は6時半頃に起きますと、旅行の定番とも言える朝湯に入りまして、着替え、朝食を済ませたら9時に宿をチェックアウト、前日遅くて行けなかった大内宿へ向かいます。

画像
画像
 到着した時点で、既に通常の駐車場は満杯で、臨時の駐車場に車を止めますと、そこから歩いて大内宿に入りますが、また前日と同じく曇り空で、時折雨まで降ってきます。
 それでも会津城下と下野国とを結ぶ宿場町だった頃から受け継がれてきた茅葺き屋根の家々を見て回り、お土産を物色し、写真を撮って参りました。

画像
 大内宿と言うと第一に茅葺き屋根の家を連想しますが、通りに立つ鳥居を潜ってそこから続く道を行きますと、少し離れた森の中に高倉神社があります。
 写真を見ての通り、いかにも村の鎮守といった感じの小さな神社ですが、参道の両側で高くそびえ立つ杉の木、苔むした階段の縁石、静かなたたずまいが、大きな神社などとはまた違った荘厳さを感じさせます。

画像
 それから宿場に戻りまして、こちらは道の突き当たりから撮影した写真です。
 観光ガイドの本ではそこから更に階段を上った子安観音堂が絶好の撮影ポイントと紹介されていましたが、雨で足場が滑る上に、そもそも階段自体が狭くて人が多いと詰まるので諦めた次第。
 それでも十分雰囲気が感じ取れる良い写真が撮れました。

 さて、大内宿を出ると日光へ向かいますが、1日目に高速で北上した時と違い、山道をグネグネと走っていきますと、所々山崩れの跡があったり、鬼怒川の中洲に流木が残っていたり、川岸の土が削られて木の根が露出していたりと、先日の豪雨の爪痕が車窓から見えまして、更には途中通行止めに遭って、迂回路を取らなくてはなりませんでした。
 そして日光市内に入ったら入ったで、大通りでも片側1車線しかないために、横道から入ってくる車や、東照宮・二荒山神社方面の突き当たりにあるT字路で詰まるせいで進みが遅い事と言ったらありません。これも古くからある観光地の宿命かと、なかなか進まない前方の車を、両親と一緒に溜め息を吐きながら見ていました。

画像
 そんなこんなでどうにか2日目の宿に着くと、部屋に入って一息吐いてから、今回の旅行で私の最大の目的である世界遺産・二荒山神社へ向かいます。
 二荒山神社は古くから縁結びの神様として知られていますが、ちょうど19日から良い縁まつりという催しがありまして、公式サイトから印刷したチラシに書かれた順序に従って、良縁を祈願して参りました。
画像
 こんな私でも境内を撮影するのは畏れ多かったので、大鳥居までしか撮影しませんでしたが、中で御朱印帳を買って、良い縁まつり限定の御朱印を頂いて参りました。
 今後は神社に参拝する際、御朱印が頂ける所だったら、こちらの御朱印帳に続けて頂くようにしたいと思います。あと、お寺用の御朱印帳も別に用意しようと考えています。コレクター心理によるものではない、と言えば嘘になりますが、それだけではなく、神仏に敬意を払いつつ頂くつもりであります。

画像
 そうして参拝を終えて宿に戻りますと、ようやくゆっくりとくつろぎます。
 2日目の宿である「小槌の宿 鶴亀大吉」は、日光東照宮、二荒山神社、輪王寺の二社一寺にも近く、更に客室から大谷川の流れを眺める事ができるので、精神的に癒される環境です。ただ、大谷川の流れが速く、大きな石がゴロゴロあるせいで音が大きく、窓を開けるとテレビの音が聞きづらいと両親がぼやいてましたが(笑)。
 あと夕食も、炭火で焼いた牛肉や、鳥のつみれ鍋、ますの塩焼きなどを程良い量で美味しく頂けました。

小槌の宿 鶴亀大吉
楽天トラベル
東照宮まで歩いてすぐ!招福と味覚をテーマにした縁起づくしの宿&#10025;開運の扉で皆様を


楽天市場 by 小槌の宿 鶴亀大吉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像
画像
 そして一夜明けると、前2日とは打って変わっての好天で、帰る前に日光の市街地を散策して参りました。
 その際に、二荒山神社の神橋も撮影して参りまして、橋桁が鳥居の形をしていると母に言われて見てみると、確かにその通りで、その辺りも分かるように撮影しましたが、いかがでしょうか。

 と言うわけで、会津・日光の旅行記は以上となります。
 両親も楽しんでくれましたし、私も二荒山神社で祈願したので良縁に恵まれればと思うのですが、はてさてどうなりますやら。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
会津・日光旅行記 2日目、3日目 たかいわ勇樹の徒然なる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる