たかいわ勇樹の徒然なる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Sound Horizon 9th Story Concert『Nein』 4月25日公演レポート

<<   作成日時 : 2015/04/26 19:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 4月25日と26日にNHKホールでSoundHorizonの「9th Story Concert『Nein』 〜西洋骨董屋根裏堂へようこそ〜」が開催されまして、私も25日の初日に参戦しました。

 午前中に家を出て、いつもより早めの整体を済ませて13時頃に渋谷へ到着。昼食を済ませるとNHKホールへ向かいますが、何度も行った事のある所だからと高をくくって地図を見ないで行ったら道を数本も間違えてしまいました(汗)。
画像

 それでも14時過ぎにはNHKホールに到着しまして、会場は16時、開演は17時予定なのに何でそんなに早くと申しますと、コンサートに当たって集合写真と寄せ書きをRevo陛下に献上しようという企画がmixi上でありまして、私も参加した次第です。こういう企画に参加するのは初めてでして、他の参加者の皆さんは色々な意味で濃い方々ばかりで、写真でも私、かな〜り浮いてました(笑)。

画像
画像
画像
画像
 それから恒例のパスポートに入国証明印を押して、物販へ行ったら列らしいものが無くて、一昨年のハロウィンパーティーの長蛇の列に並んで開演前タイムアップで買えなかった経験から身構えていた私って何だったんだろうと思いながらコンサートのパンフレットと薔薇のチャリティブローチ(これがコンサートでかなり重要な伏線になるのですが、それは後述と言うことで)を買いまして、その後も色々やってるうちに16時を過ぎましたので会場に入り、ホールに飾られていた花を撮影しました。
 今回の席は2階の左端に近い席で、ここまでの事をノートパソコンでまとめていたら、17時5分前辺りでお馴染みの開演前ナレーションが入ります。内容は公演中の注意と、これまたお馴染みの小ネタ(笑)、それから会場に入ってすぐの所で配布された光るリストバンドについてで、一通り説明が終わるといよいよ開演です。

 ステージの前に下ろされた半透明なスクリーンに、SFチックな動画が表示され、流れるは「Nein」のオープニング曲「檻の中の箱庭」です。テクノポップなメロディーに乗って踊るは「Nein」初回限定版のジャケットにも登場している5匹の猫達で、衣装の色の部分が暗い所で光り、更にバックダンサーも多数登場して目まぐるしいこと。
 曲が終わると次からは冒頭にステージ後ろのスクリーンに歌詞カードにもあった解説が表示され、その前で青猫(?)が様々な事象に介入するっぽい演出で2曲目以降が展開されます。
 そこからは時にコミカルに、時に涙を誘い、時に情熱的にと多彩な物語が繰り出される、まさにサンホラの真骨頂。それはかつてのサンホラの悲劇的な作品に何者かの介入が入り、物語が大きく変わってしまうというもので、多くは悲劇に打ちひしがれたヒロインが新しい生活を見つけたり、生きていく理由を見つけて立ち直っていくというもので、じゃあそれまでの愛とかはどうしたんだとか思ったりもしますが、たいていの人間はそうやって生きていってるんですよね(溜息)。ちなみに私的にお気に入りなのは「憎しみを花束に代えて」で、原曲「StarDust」は愛と情熱が過ぎてヒロインが殺人を犯すストーリーでしたが、『介入』の結果失恋の後モデルにスカウトされ、何を間違ったかレズに目覚めて、何度失恋しても懲りず、そのうち自身の生い立ちから構想が生まれ、売上の50パーセントが児童虐待防止団体に寄付される薔薇のチャリティブローチを作る……って何ちゅう人生だよと呆れるやらニヤニヤするやら(笑)。
 それから公演の真ん中辺りではヴァニシング・スターライトのNoelが登場。いわゆる何かしらの事情による時間稼ぎ(笑)でトークと観客のリクエストで「即ち…光をも逃がさ暗黒の超重力」をアカペラで歌うのですが、リクエストを尋ねる先がプレミアムシートの客な所が資本主義に染まってます(本人も自覚してるし)。そうして準備ができたということで「西洋骨董屋根裏堂」に続きますが、これがまた胡散臭くて怪しい所がJimang氏に匹敵します(いい意味で(笑))。
 その後も改変された物語が続き、最後はヴァニシング・スターライトのコンサートという形で「最果てのL」の演奏で「Nein」は終了となります。

 ここで一旦ステージの面々は退場しますが、しばしの後Noelが再び登場、アンコールが始まります。
 Noelが「グラサン(笑)から聞いた話」(笑)によると、「Nein」のコンサートのアンコールは収録曲の原曲を演奏するそうで、初日は「辿りつく詩」と「ゆりかご」でした。どちらもメジャーデビュー前の曲ですから(その後アルバム「Elysion 〜楽園への前奏曲〜」に「辿りつく詩」は収録されてますが)馴染みのない方も結構いるかもしれませんが、最近はニコニコ動画とかで聴けるからその辺は問題ないでしょう。
 続いてメンバー紹介で今回の参加メンバーが全員ステージ上に集まると、「即ち…小惑星を喰らう超紅炎」が始まりますが、途中でNoelがジャンプ時に着地失敗して転倒するというアクシデントが。かなりダメージがあったようで、すぐには立ち上がれず、他のメンバーの手を借りて立ち上がるも、その後は跳びませんでしたから、今後の公演が心配です。
 そして演奏が終わると再びメンバーが退場して、国歌「栄光の移動王国」斉唱でコンサートは終了となりました。

 アルバムリリースから僅か3日後ではありましたが、Revo陛下とSound Horizonのメンバーによって創り出される世界にすっかり引き込まれた、およそ2時間半で、それ以前にも、アルバムで何度も『予習』した人は私だけでなく大勢いた事でしょう。
 映像化もNoelの世界ではブルーレイどころかDVDも無いようですが、こちらの世界では大いに希望を持って良いはずですから、期待して待ちましょう。おっと、その前に今後の公演に参戦予定の皆さん、大いに楽しんで行って下さい。
にほんブログ村 音楽ブログへ

9th Story CD『Nein』 初回盤 (CD+DVD)
ポニーキャニオン
2015-04-22
Sound Horizon

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 9th Story CD『Nein』 初回盤 (CD+DVD) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Sound Horizon 9th Story Concert『Nein』 4月25日公演レポート たかいわ勇樹の徒然なる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる