たかいわ勇樹の徒然なる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS コンデジが進む道

<<   作成日時 : 2015/03/14 17:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 4月4日に皆既月食があるそうで、それに向けてカメラ関連の準備をしている方もかなりいることでしょう。
 私もデジタル一眼用にテレコンバーターの購入を検討していましたが、それだとレンズの明るさが若干落ちると言いますし、倍率が上がると言っても限界がありますから二の足を踏んでおりました。
 そんな時、周囲から最近のコンデジは超望遠の機種があるとアドバイスを頂きまして、更に直後、ニコンから新しい超望遠コンデジが今月発売されるというニュースを知りまして、私なりに色々調べてみました。


 こちらがその新機種、Nikon COOLPIX P900です。
 望遠の性能は最大光学ズーム83倍、2000ミリ相当で、価格は67,000円強。デジタル一眼レフの超望遠レンズで4分の1程度になる500ミリ前後の品でも最低10万は軽く越えるのを考えればコストパフォーマンスは高いと言えましょう。

 上のプロモーションムービーや、ニコンサイトの製品情報によると、上でも書いた83倍の光学ズームの他にダイナミックファインズームというのもあるそうで、こちらは高画質のままで166倍もあるというのだから、とことん超望遠に尖った機種ですね。
 念のため価格.comの掲示板でニコンのショールームに展示された実機の感想も見てみましたが、皆さんやっぱり望遠の性能に驚いてましたね。望遠だとAFに1秒くらい掛かるという感想もありましたが、そんなに激しく動く物を望遠で撮る訳ではありませんし、許容範囲内では。
 あと撮影モードの中に「月モード」「鳥モード」というのもあるそうですから、これって来月の皆既月食を当て込んで今月発売するんじゃないかと思うのは私だけでしょうか。
 敢えて不満を言うならば、大きさ・重さがデジタル一眼レフの本体並で、コンデジの売りである『手軽さ』を満たせるかどうか不安なんですよね。実際にショールームへ行って触ってみようかとも思いましたが、それだけのためにわざわざ行くというのも何だかな〜と思いますし。いっそ発売された後で近くのカメラ屋かどこかへ行って触ってみるのも手かも。

 ──とまあ、そんな感じでグダグダと書いていて、コンデジの最大の売りだった『手軽さ』がスマートフォンのカメラ機能に取って代わられて、スマートフォンではどうしても限界がある望遠性能への特化にコンデジが生き残る道をメーカーは探っているのではないかと思う今日この頃。
 ともあれ来月の皆既月食まであと半月ちょっとの間にどうするか決めませんとね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
コンデジが進む道 たかいわ勇樹の徒然なる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる