たかいわ勇樹の徒然なる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅井ラボ されど罪人は竜と踊る 14 果てしなき夜ぞ来たりて

<<   作成日時 : 2014/10/11 22:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


 3連休ですね。
 台風が近付いてますね。
 と言うわけで、この休みは家で読書と創作に励む事にします。と言っても、整体や散髪など、外へ出る用事はあるんですけどね。
 まずは浅井ラボ先生の小説「されど罪人は竜と踊る」の最新巻「されど罪人は竜と踊る 14 果てしなき夜ぞ来たりて」の紹介と感想を書きます。

 第二部の開幕は短編集で、ザ・スニーカーに掲載されながら、諸般の事情によりスニーカー文庫には未収録だった作品が加筆修正されたものと書き下ろしを交えて収録されています。
 とは言っても、後半には第二部の序章と言うべき展開が複数の場面で繰り広げられまして、蝶の剣士の苛立ちと大賢者の思惑には本来の主人公であるはずのガユス以上に主人公らしさを感じ、世界の敵の終結とその飛び抜けすぎた力には恐怖、怒り、呆れを通り越してもはや傍観者のように読むしかなく、過去の目覚めに精算の時の到来を予感させると言った具合に、分かっていたつもりでも実際に読んでみると話が重いわ激しいわ、ページをめくる手は重くなりますが、それでも先を見ずにはいられない、まさにジレンマです。これらが複雑に絡み合い降りかかってくるとなれば、次巻以降も波乱の一言では片付けられない展開が待っている事が、予感を通り越して確定事項のようですね。
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

されど罪人は竜と踊る 14 (ガガガ文庫)
小学館
2014-09-18
浅井 ラボ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by されど罪人は竜と踊る 14 (ガガガ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
されど罪人は竜と踊る14巻の感想レビュー(ライトノベル)
ガガガ文庫のラノベ、『されど罪人は竜と踊る(14) 果てしなき夜ぞ来たりて』(浅井ラボ先生原作、ざいん先生イラスト)が発売中です。 ...続きを見る
gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
2014/10/13 01:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
浅井ラボ されど罪人は竜と踊る 14 果てしなき夜ぞ来たりて たかいわ勇樹の徒然なる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる