たかいわ勇樹の徒然なる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS デザインフェスタ vol.39レポート その2

<<   作成日時 : 2014/05/18 23:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 さて、デザインフェスタのレポート、次は上階をお送りしますが、上がった時には13時を回っておりましたのでブースを回る前に昼食を取ることにします。
 今回選んだ店はトルコ料理「ケバブイスタンブール」で、注文したのはケバブデラックスとフライドポテトのセット、更にトルコアイスとトルコビールです。
画像
 トルコのアイス(向こうではドンドゥルマと呼ぶそうです)は良く伸びる事で有名ですが、実際の所はしばらく置いて溶けないと伸びません。
 こちらの写真のように伸びるまででも、他を全部食べて、更にスプーンでかき混ぜてようやくでした。

画像
画像
画像
 で、昼食を終えて上階のブース回りに入りまして、最初に目に留まったのがこちらの「すぷりんく」です。
 こちらは密着バネとそれをつなぎ合わせるジョイントパーツを組み合わせていろんな物を作ってみようという試みで、名刺入れやiPhoneケースなどの小物から始まって、更にバネの数を増やすと写真のように動物や乗り物までできます。
画像
 けど一番圧巻だったのはこちらの剣でした。
 私も持たせてもらいましたけど、大きさ相応に重くて、バネと言っても殴れば相当痛そうです(笑)。

画像
 次はお馴染みの1つ、「万華鏡工房 涸井戸」です。
 今回も新作を出しておられまして、覗いてみると相変わらず精緻な模様を見る事ができました。

万華鏡工房 涸井戸
http://drywell.sakura.ne.jp/

 こちらもお馴染みに入りました、パワーストーンから作ったナイフやインテリアを扱っている「輝石工房 精霊石の箱庭」です。です。
 私が来た時には目玉の1つが売れたところだそうで、私だけでなく店主の北林さんも残念がっておられました。
画像
画像
画像
 けどこちらのセージナイト(針入り水晶)と、サードニクスのナイフはしっかり撮らせてもらいまして、サードオニクスは照明の光に透かした刀身の写真を撮らせていただきました。

輝石工房 精霊石の箱庭
http://ameblo.jp/ta-ke-z/

 それから暗いエリアに入りまして、「連使」と「螺旋病院」の合同企画に参りました。

画像
画像
 今回で「螺旋病院」は15周年だそうで、下の魔方陣的な図形に「十五」の文字と、これまでの「螺旋病院」のタイトルを書いて、何者かを呼び出す準備的なことをしておられました。
 もちろん相変わらず大正・昭和和風ダーク的な要素は健在で、それは側に展示された小物にも現れております。
 これまでは作業の邪魔をしては悪いと撮影やメモへの書き込みのみでしたが、今回は直に話をする機会を得られまして、誠に幸運でした。

画像
画像
 さて、共同企画されている「連使」はと申しますと、以前伺った時と同様、黒をベースに白い手のオブジェを多用した西洋のダークを表現しています。
 今回はちゃんと作者の方ともお話をしてきました(笑)。

 と言うわけで、上階のレポートは以上です。
 この後、下のショーステージで情景座の劇場公演が決定した記念のステージを見るのですが、それは次のレポートにて。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
デザインフェスタ vol.39レポート その2 たかいわ勇樹の徒然なる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる