たかいわ勇樹の徒然なる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ALI PROJECT TOUR 2013 『令嬢薔薇図鑑』顧客閲覧会 東京公演レポート

<<   作成日時 : 2013/10/13 16:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2013年10月12日、渋谷公会堂──
 この日催されたALI PROJECT TOUR2013 「令嬢薔薇図鑑」顧客閲覧会の東京公園に行って参りましたので、レポートをお送りしたいと思います。

画像
 昼食後、毎週の習慣となった整体を受けてから電車を乗り継いで16時頃渋谷へ到着。渋谷公会堂に着くと、既にかなりの人が建物の前で待っている状態でした。
 で、何か記念写真になる物はと見回していると、入り口の前にポスターが貼られている立て看板を発見し、接近してみると、何とサイン入りではありませんか!
 これは是非撮らなくてはと思いスマホを取り出しますが、側にいた係員の人に「撮影はご遠慮下さい」と止められてしまいました。残念。

 そんなわけで行く途中に買ってきた本を読みながら待つうち、どんどん人が集まって来ましたけど、正直何このゴスロリ率って感じですね。元からゴスロリで参戦する人は結構いましたけど、私がアリプロのライブ、コンサートへ行くのを封印していた約3年半の間にこれほどディープになっていたとは。それとも今回のセットリストの元となっているアルバム「令嬢薔薇図鑑」に合わせてのことでしょうか?

 そんな事を考えつつ、17時半を回ると会場に入ります。
 ロビーには関係各所から送られてきた花が飾られてまして、私、ポスターの分を取り返さんとばかりに撮って参りました。
画像
画像
画像
画像


 18時を5分ほど過ぎた辺りでホールは真っ暗になり、恒例のBGMと共にバイオリンの渡辺剛、杉野裕の両名、殿こと片倉三起也氏、そしてシングル「私の薔薇を喰みなさい」のジャケットに出てきたドレス姿で宝野アリカ様が登場して、アルバムの第1曲「令嬢薔薇図鑑」と、「ALICE同罪イノセント」を歌います。
 2曲歌ったところでいつもの挨拶「こんばんは、ALI PROJECTです」でアリカ様のMCに入ります。
 毎回オリジナルアルバムの収録ごとにアリカ様の日常はそのアルバムの色に染まるけれど、今回のアルバム「令嬢薔薇図鑑」の収録時はこれまでになく平和で幸せだったということです。まあ今回は白アリや赤アリの曲が多かったからでしょうね。
 次の2曲は「薔薇娼館」「薔薇架刑」で、「令嬢薔薇図鑑」とは違う順番にちょっと戸惑っていたら、その後のMCで「ローズ家の庭の妖精達」と称して「私の薔薇を喰みなさい」のPVでも登場したバレリーナ姿の幼女達が登場、彼女達をバックに「ローズ家の双子達」「私の薔薇を喰みなさい」を歌いますが、いや〜本当に可愛い。アリカ様も曲の後のMCで「1人持って帰りたい」と言ってましたし(笑)。てなわけで名残惜しくもここで女の子達は退場となります。
 それから「乙女の贖い」「少女と水蜜桃」の2曲を歌うとアリカ様が舞台の袖へ退場、バイオリンの両名と殿の演奏によるインストゥルメンタル(Instrumental)の「いにしへひとの言葉」が流れます。
 そして演奏が終わると「朗読する女中と小さな令嬢」の前奏が始まり、ステージ後方の薔薇のアーチから、薔薇の蔦を纏ったような緑基調のドレス姿でアリカ様が再登場します。それからMCを挟んで、アリプロのライブでは既にお馴染み、ドラッグクイーン4名が登場して、「Poisoner」「黒百合隠密カゲキダン」をタイトル通り毒をたっぷりまぶしたイメージで歌い上げ、ドラッグクイーンのダンスが更に毒気(笑)を強めてくれます。
 更に「真偽贋者遊覧会」「裸々イヴ新世紀」「人生美味礼讃」と続きますが、この後のMCでアリカ様が、「人生美味礼讃」の中華料理バージョンを作りたいけど、イメージ作りのために必要な満願全席が、ピッタリの中華料理屋だと何ヶ月も前から予約が必要で、しかも何十万も掛かる上に数人で来店しないと駄目だから無理と嘆いてました。だったら今にも潰れそうな店で食べましょうかと続いて言うのがいかにもアリカ様らしいと言えばアリカ様らしいですけど(汗)。
 それからこの公演がDVDになって年内に発売する等告知の後、いつものメンバー紹介を経て「快恠奇奇」「髑髏ヶ城の巫女達は永久に現世の夢を見る」「南無地獄大菩薩」と、アリカ様曰くプログレを3曲、MCを挟んで「東方憧憬未見聞録」「見ぬ友へ」を歌ってアリカ様達は一旦全員退場します。
 毎度のパターンなので拍手しながら待ってますと、殿とバイオリンの両名がステージにやって来てアンコールかと思いきや、反対側の舞台袖へ行ってしまい、観客一同肩すかしです。その後ステージの裏側を通って一周した後、再びお三方が現れて定位置に付くと、次いでアリカ様も「令嬢薔薇図鑑」のCDに登場した衣装で再々登場して、今度こそアンコールが始まります。
 「隼の白バラ」でアルバムの曲を全て歌った後、続く「未來のイヴ」はドラッグクイーンの4名も加わって、変わらぬお馴染みの振りに懐かしさがこみ上げてきました。
 これで終わりと思ったら、続いて「愛と誠」も出まして、流石はツアー最終日、豪華です。そうして今度こそ、コンサートは終了と相成りました。

 上でも書きましたけどおよそ3年半ぶりのコンサートでしたが、変わらない所もあれば変わった所もありましたね。
 一番印象に残った変化は、手拍子を入れる曲がかなり増えた所ですね。私がライブ、コンサートへ行くのを封印する前は、「未來のイヴ」に間奏時、アリカ様が寄ってきて観客にお辞儀した時に拍手する以外、曲中で手拍子をすることはありませんでしたし。

 ともあれ、生活的にある程度安定した事ですし、これからも機会があればこうしてライブ、コンサートに参戦したいと思う次第です。
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ALI PROJECT TOUR 2013 『令嬢薔薇図鑑』顧客閲覧会 東京公演レポート たかいわ勇樹の徒然なる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる