たかいわ勇樹の徒然なる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 十文字青 薔薇のマリア 19.たとえ明日すべてを失うとしても

<<   作成日時 : 2013/10/06 16:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


 スニーカー文庫の新刊で、十文字青先生の小説「薔薇のマリア」の最新巻「薔薇のマリア 19.たとえ明日すべてを失うとしても」が発売されまして、毎度のように買って読みましたけど、今度の新刊でスニーカー文庫の背表紙デザインが大きく変更されてます。

画像
 何、この浮きっぷり!
 同じシリーズなのに、これはないでしょう。
 まあ、ぼやいてても仕方ありませんから、作品の内容の話に移りましょう。

 前巻でマリアローズ達が必死で戦ったおかげで“獄の獄”から完全復活を遂げたトマトクンですが、正直何この無双っぷりという感じですね。大懺滅刀と聖断罪の剣の二刀流で前後左右上下構わず襲いかかる敵は全部蹴散らしちゃいますし、髪も伸びるし、表紙にも出ている鎧も前が露出しているデザインですから、サフィニアは正気を維持するのにある意味“獄の獄”の時よりも大変なんじゃありませんかね?
 それでも状況は未だ悪魔達との戦いがそこかしこで続いていて、激しいどころじゃなく何もかもがノン・ストップという感じで、途中で切りを付けて読むのを中断しようにも、戦いは続いてますから、時間的な都合とかで少しずつ読むスタイルだと前半部分を読み終えるまで中断するのが辛いです。
 加えてこのシリーズでは既にお馴染みながら、多くのキャラクターの人格破綻ぶりが今回は更に際立って描写されてまして、一口に人格破綻と言ってもここまでバラエティーに溢れているのかと変な所で感心してしまいます。

 ともあれ、次巻で薔薇のマリアは完結するそうですが、一体どんな締めになるのか、どんな過程で締めになるのか、まだ謎になっている部分はちゃんと明らかになるのか等、期待と不安でいっぱいです。
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
薔薇のマリア 19.たとえ明日すべてを失うとしても (角川スニーカー文庫)
角川書店
2013-09-28
十文字 青

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 薔薇のマリア    19.たとえ明日すべてを失うとしても (角川スニーカー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
薔薇のマリア19巻の感想レビュー(ライトノベル)
角川スニーカー文庫のラノベ、『薔薇のマリア19.たとえ明日すべてを失うとしても』(十文字青先生原作、BUNBUN先生イラスト)が発売中です。 いよいよ次巻で完結ということで、クライマックス感マジ半端ないっすね(;゚∀゚)=3ムッハー 脳汁出っぱなしで息をつく暇もない... ...続きを見る
gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
2013/10/07 11:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
十文字青 薔薇のマリア 19.たとえ明日すべてを失うとしても たかいわ勇樹の徒然なる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる