たかいわ勇樹の徒然なる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Sound Horizon Revo's Halloween Partyレポート

<<   作成日時 : 2013/10/27 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 先週から台風が同時に2つも近づいていて、うち片方の台風27号はは本州を直撃する可能性があったので、一時は開催を危ぶまれていたSound Horizon Revo's Halloween Partyですが、蓋を開ければ台風は思い切り急カーブして本州を逸れ、無事に開催の運びとなりました。
 それでも台風の影響による雨で電車の運行に影響が出ることも懸念されておりましたが、当日朝の段階で激しい降りという訳でもなく、私が昼食後家を出る時はまだ降っておりましたが、15時前にさいたま新都心駅に着く頃には既に止んで、雲の切れ間から青空が見えておりました。

 さて、会場となるさいたまスーパーアリーナは別のホールでさいたまクリテリウム by ツールドフランスの関連イベントがありまして、そちらの客も合わせて周辺は相当な混雑ぶりでしたが、こちらの客は仮装しているのが相当いましたからすぐに分かりました。
 さて、ライブ、コンサートと言えば物販コーナーですが、事前にmixiで情報は掴んでたものの、スーパーアリーナの側に設置された物販コーナーの前は長蛇の列どころか、スーパーアリーナをぐるり列が回っている状態でした。私もパスポートに入国証明印を押すと再後尾に並びますが、2時間近く待った挙げ句、係員の人から「今並んでも開演には間に合いません」と連絡があり、列ごと足切りされる羽目に。
 一体あの時間は何だったんだと思いつつも気持ちを切り替え会場入りします。

 会場はステージのそこかしこにカボチャの飾りが配置され、ステージ両脇のモニターには「Revo's Halloween Party」のロゴが踊り、開演前からハロウィンの雰囲気を醸し出しておりました。
 私の席はアリーナ席、それも真ん中の通路に面した席で、ステージにもかなり近いので機嫌が直る私って単純(笑)。そうして開演を待つと、予定時間の17時を20分ほど過ぎた頃に、開演前恒例のアナウンスが入ります。
 アナウンスの内容は主にコンサート中の注意事項と、席に1個ずつ置いてあったシンクロライトリストバンドといいう腕時計に似た形のライトについてでした。このシンクロライトリストバンドがコンサート中の随所で会場側の操作によって様々な色に発光してコンサートを盛り上げる演出になってまして、残念ながらこちらはコンサート終了後回収だったので皆さんにお見せすることができません。
 あと、やはりと言うべきか台風についても言及されてまして、「フランシスコ(台風27号の名称)、てめえビビらせんなよ!」の発言は思わず笑ってしまいました。

 そしてアナウンスが終わると会場の照明が一気に落とされます。ナレーションと共に会場のそこかしこにスポットライトが走り、もしかしてステージ以外から登場かと私を含め観客が周りを見回していると、黒のフード付きマントにドクロのマスクを付けた人影がアリーナの通路を歩いてきまして、私のすぐ横を通ってくるのですからテンションも上がろうってものです。
 それからドクロマスクはエプロンステージに上がってステージはへ進むとマスクとマントを脱ぎ捨て、現れたのはRevo陛下に似て非なる人(こう書くのがお約束ですから(笑))! ステージの幕も開いて揃いの黒服にカボチャの被り物をしたバックダンサーにバックバンドも現れまして、いよいよRevo's Halloween Partyの開幕です!

 初っ端からテンションの高い演奏に、腹の底まで響く大音量、観客総立ちで、ああこれがサンホラのコンサートなんだったっけとすぐに思い出します。
 最初に出てきたのはシングル「ハロウィンと夜の物語」に収録された「星の綺麗な夜」「朝までハロウィン」「おやすみレニー」の3曲で、曲もさることながらCDを聴いていて想像していた情景を超えるアクターとダンサーの演技も秀逸で、もちろんハロウィンの子供達も登場しました。可愛かったですね〜(ムツゴロウさん風に)。

 それからサンホラの人気曲がメドレーで続きまして、「死せる者達の物語」では栗林みな実さんがアルバム「Moira」のミーシャの格好で登場して、観客席から黄色い声の嵐が飛びまくります。ええ、私もその1人です(笑)。
 更に「〈ハジマリ〉のクロニクル」「石畳の緋き悪魔」「朝と夜の物語」「終端の王と異世界の騎士」と定番の曲が流れまして、曲の間にはバックバンドの数人の人達がそれぞれの曲をアレンジしたセッションを披露してくれました。

 その後はLinked Horizonの曲がメドレーで来まして、何でサンホラなのにと一瞬思いましたが、考えてみればこれは『Revo's Halloween Party』なんですし、そう理屈っぽく考えなくてもまあ良いかと言う事で(笑)。
 アルバム「ルクセンダルク大紀行」の冒頭曲である「Theme of the Linked Horizon」と、アニメ「進撃の巨人」のOP曲である「紅蓮の弓矢」の2曲は鉄板として、「純愛 十字砲火」もインパクトがありますし、「地平を喰らう蛇」もゲーム「ブレイブリーデフォルト」のラスボス曲だそうで、聴いててテンションが上がる上がる。

 それからサンホラのメドレーに戻りまして、「この狭い鳥籠の中で」「宵闇の唄」はハロウィンの雰囲気にマッチしてましたし、CD未収録の「海を渡った征服者達」も盛り上がりを加速させ、「Star Dust」も相変わらず良い意味で輝いてました(笑)。

 さて、上でも書きましたが今回は「Revo's Halloween Party」と銘打ってまして、サンホラ以外でもRevo陛下の名義で過去にリリースされた人気の曲も何曲か来ました。
 その中の「死刑執行」では、アクターの方々が銃をバンバン撃ってましたので、そういう曲なのかと気になりまして、このレポートを書いている最中にニコ動で検索して聴いてみましたが、それほど撃ちまくってはいませんでした。

 このメドレーが終わると、ナレーションのSascha氏が登場します。ここでのMCはいささか自虐的でしたが、これが芸風なのでしょうか? ともあれそれが終わると引き続きSascha氏のナレーションで「朝までハロウィン」のアレンジメロディーに乗せてメンバー紹介と相成ります。もちろんハロウィンの子供達も1人1人名前を呼ばれて登場しまして、可愛かったですね〜(ムツゴロウさん風に)。そして忘れてはいけません、ここでいよいよと言うかようやくRevo陛下が登場します(お約束ですから突っ込まないで下さいね)!
 で、一通りメンバー紹介が終わってさいたまスーパーアリーナでも一列で並びきれないほどのメンバーがステージに揃うと、これまたお約束と言うべきか「即ち…光をも逃さぬ暗黒の超重力」。私も「超・重・力」と一緒にジャンプします。
 短いながらも終了しますとメンバーの皆さんはここで退場。Revo陛下1人だけ残って最後のお言葉となります。
 陛下曰く、このハロウィンパーティーの翌日、つまり今日でSound Horizonと、陛下のメジャーデビュー9周年になるそうで、自分はもっともっと私達観客を楽しませたいのにまだ足りないというのです。かつてご自身がアニメロサマーライブにアーティストの1グループとして出演したさいたまスーパーアリーナで、Sound Horizon単独でコンサートをやるまでになったのに、ですよ。この創作意欲と向上心、レベルは遙かに下ながら、私も見習いたいと思いました。
 そして陛下も退場すると、国歌斉唱でRevo's Halloween Partyは名残惜しくも終了と相成りました。

 ──って、いやいや、まだまだ終わりません。家に帰るまでがコンサートなのです。
 会場を出ますと、開演前には買い損ねた物販の列に再度並び、約40分、秋も深まった寒空の下を待ちまして、今度こそ買いましたよ。

画像
画像
 と言うわけでこちらが今回のコンサートの戦利品です。
 上の写真が今回のハロウィンパーティーの入国証明印で、下の写真がパンフレットに、物販で「トリックオアトリート!」と言って貰ったお菓子、そして買った人全員にサービスで貰えるビニールバッグです。

 パスポートを見返してみると、前回サンホラのコンサートに行ったのは2009年6月の第三次領土拡大遠征凱旋記念 国王生誕祭ですからおよそ4年4ヶ月ぶりということになります。
 ほとんどの曲で立つのがデフォルトだし、手拍子や手の振り方など約束事が色々多くて、先日行ったALI PROJECTのコンサートがほとんどの場合黙って聴くのとは対照的ですね。まあアリプロにはアリプロの良さ、サンホラにはサンホラの良さがそれぞれありますから、一概にどちらが良いとは言いませんけど。
 それでも同じ月に2つ続けて行くと、流石に当分ライブやコンサートはいいやと思う辺り、もう歳なんでしょうかね(溜息)……

 ともあれ、色々な意味で刺激を受けまくったハロウィンパーティーだったと言う事で、今回のレポートの締めとさせていただきます。
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

ハロウィンと夜の物語 (初回限定盤)
ポニーキャニオン
2013-10-09
Sound Horizon

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハロウィンと夜の物語 (初回限定盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Sound Horizon Revo's Halloween Partyレポート たかいわ勇樹の徒然なる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる