たかいわ勇樹の徒然なる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日日日 ささみさん@がんばらない11

<<   作成日時 : 2013/06/30 18:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


 昨日も今日も、睡眠は十分取っているはずなのに、さっき録画を見てたら眠気に襲われて居眠りして、まだ疲れた残っているのかとつらつら思う今日この頃、皆様に置かれましてはいかがお過ごしでしょうか?
 さて、昨日はONE PIECE FILM ZのDVDを開けて記事を書き、映像もしっかり見ましたけど、本の方も先週、日日日先生の小説「ささみさん@がんばらない」の11巻を見てますので、その感想を書こうと思います。

 今回本を開くと、既に何もかも終わってしまった後の時代から話が始まっていて、これまでの話はささみさんの回想を記録したものだったという事が判明します。
 で、この巻では月読日留女によって世界が滅ぼされる直前を描いているのですが、邪神三姉妹を始め周りががんばってるのに対し、ささみさんは全然がんばってない──と書いたら毎度お馴染みの事になってしまいますが(笑)、正確に言うとささみさんが知らない所で邪神三姉妹やお兄ちゃんを始め周りががんばっていて、そうとも知らずにささみさんは日留女との戦いの前に、騒がしくも微笑ましいいつもの『日常』を送るつもりで、実は邪神三姉妹達との最後の時間を過ごしていて、『がんばる』間もなく気が付いたら全てが終わっていた事に、見た後で思い返すと本当に切ないです。
 加えてこれから永遠にがんばらなくてはならない邪神三姉妹やお兄ちゃん達の台詞に、所々何か軽い用事を済ませに行くようなものが見受けられるのですが、それがむしろこの後の運命に押し潰されまいとしているように見えて、悲壮感さえ感じました。

 そういうわけで、ささみさん達は宇宙人の協力を得て造られた、神も霊能力も存在しないけれど、日留女に狙われる心配の無い『楽園』に送られて、これでめでたしめでたし──なわけありませんよね。ライトノベル的にも読者的にも。
 だから情雨がみんなとの生活を取り戻そうとがんばって、ささみさんとるるなちゃんも一緒に行く──と言う所でこの巻は終わりになりますが、これこそライトノベルの王道と言えますし、『今度はがんばる』と意気込む所もこのシリーズらしいですよね。実際にがんばれるかどうかはともかく(笑)。
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
ささみさん@がんばらない 11 (ガガガ文庫)
小学館
2013-06-18
日日日

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ささみさん@がんばらない 11 (ガガガ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日日日 「ささみさん@がんばらない11」
JUGEMテーマ:読書感想文 ...続きを見る
こみち
2013/10/30 21:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日日日 ささみさん@がんばらない11 たかいわ勇樹の徒然なる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる