たかいわ勇樹の徒然なる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 天酒之瓢 ナイツ&マジック2

<<   作成日時 : 2013/06/16 19:11   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


 現在、天酒之瓢先生の小説「ナイツ&マジック」は2巻まで文庫で出てますが、既に2巻も読んでしまって、続きが出るのが待ちきれず、「小説家になろう」サイトに掲載されている続きを読んでます。
 で、読んでばかりでも何ですから、文庫版2巻の感想を書こうと思います。

 1巻でエルネスティは師団級魔獣ベヘモスを倒すのに多大な貢献をしましたが、まだ学園に通う身にはあまりにも過ぎた戦功にエルの周囲のみならず王国上層部も相当扱いに困ります。しかも国王はそれを半ば以上面白がって直接呼び出し、幻晶騎士(シルエットナイト)を『趣味』と言い切るエルの言動を大いに気に入ってしまうから、周囲にしてみればたまったものではありません。
 結果、最高の幻晶騎士を作ってみせろと国王が無茶振りして、エルはそれに応えるため、彼らの世界の常識を逸脱した機構や、私達の世界で言うパワードスーツの開発など、学園や国そのものまで巻き込んで暴走に拍車が掛かります。
 魔力と幻晶騎士の知識は下手な大人を超えて文字通りの異次元レベル、幻晶騎士のためなら周囲の迷惑を微塵も考えず突っ走り、そのくせ妙な所で律儀だったりするから、エルに関わった者(巻き込まれた者)の多くは心身共に極限まで疲れるでしょう。でも根は善人だし美少年(ここ重要)だから、彼に芯から悪い印象を抱く人はほとんどいないんですよね。そこがまた厄介な所なのですが(笑)。
 と言うわけで、前巻では訓練や学園生活にウェイトが置かれてましたが、この巻では新型機の開発の過程、他国のスパイやそれによる強奪など、開発に関わる苦難や国の内外の思惑などに大きく文章が割かれています。
 この巻の最後でエルを中心に新しい騎士団が創設される運びとなりますが、言ってみれば国王のお墨付きを貰ったわけですから、エルの暴走は更に加速していきまして、文庫化されるに当たってどう加筆修正がされるのか楽しみに待っていようと思います。
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

ナイツ&マジック 2 (ヒーロー文庫)
主婦の友社
天酒之瓢

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ナイツ&マジック 2 (ヒーロー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
天酒之瓢 ナイツ&マジック2 たかいわ勇樹の徒然なる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる