たかいわ勇樹の徒然なる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 守村大 新白河原人 半分ちょいの電気で贅沢DIY生活

<<   作成日時 : 2012/08/14 22:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 守村大先生のエッセイ「新白河原人」は現在2巻刊行されてますが、1巻目の紹介と感想だけで随分文章量がありましたので、こちらで2巻目について書こうと思います。

 タイトルから想像が付く通り、作者が山暮らしを営んでいるのは福島県で、福島と言えば東日本大震災で原発事故の地元と来ています。
 当然山の中といえども震災の影響はそれ相応に被るわけですが、筆者にしてみれば周囲に放射線量よりも電力消費の方を真剣に考え、無電化生活を決意するわけです。ところが山に移住する際にテレビは捨て、携帯電話も解約して、ご飯は薪のカマドで炊くなどはしていても、井戸のポンプやエッセイの仕事で使う電灯や通信機器、その他諸々で電気を使わざるを得ず、サウナの後のビールも手放せない。更には無電化生活に冷めている嫁さんは丸太小屋の側の母屋に別居生活。結局消費電力は作者曰く「半分ちょい」で、それでも気負ったり無理をするわけでもなく、「ビンボーくさいながらも、妙なる充足と満足が漂って心地よい」そうで、ある意味欲望と上手く折り合いを付けられていると私は読んでいて思うわけです。
 とは言うものの、私などは毎月たくさん読みたい本があるのでその分森林資源を消費し、毎日ネットを始め電気を使いまくっているという具合に物欲その他の欲にまみれまくってて、作者のような境地には死ぬまで至るかどうか……(汗)。

 まあそんな事を考えなくても、炭焼き小屋を作って実際に炭焼きをするくだりでノスタルジーに浸るのも良し、北海道でサケ釣りをする所やその他随所に出てくる食べ物を上手そうだと眺めるも良し、楽しみ方は色々です。

新白河原人 半分ちょいの電気で贅沢DIY生活
講談社
守村 大

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新白河原人 半分ちょいの電気で贅沢DIY生活 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
守村大 新白河原人 半分ちょいの電気で贅沢DIY生活 たかいわ勇樹の徒然なる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる