たかいわ勇樹の徒然なる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅井ラボ されど罪人は竜と踊る11Walting Here Stop The Noisy Heart

<<   作成日時 : 2012/06/16 18:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


 今週も仕事が色々と大変で、疲れやストレスが体の中にこびりつく日々で、人間は大きく分けてストレスで食べまくるタイプと食事が喉を通らなくなるタイプの2種類があると言いますが、前者らしい私は昨日の夕食もしっかり食べた上にハイボールと発泡酒を空けて気持ちよく酔ってました。
 ようやく最新巻を読了した浅井ラボ先生の小説「されど罪人は竜と踊る」の一応主人公らしいガユスを初め、主要キャラクターのほとんども食事シーンは半端なく食べてますから前者のようですね。

 エリダナの血の祝祭はアンヘリオによってルールが書き換えられ、自分の命の為にザッハドの使徒同士までもが殺し合う無差別殺戮の様相を呈し、その中でも勝利者の最有力候補である使徒アンヘリオの力、使徒とされながらも自覚はなくただ強い者を倒す事を全てとするカジフチの剛拳、アンヘリオや使徒への復讐に全てを捧げるロレンゾの罠、これらの激突は周囲がどれだけ巻き込まれて破壊されても今更驚く事ではなく、正直災害のレベルです。て言うか、災害を通り越してますか? そんな『災害』が上記の3人に比べれば一般市民と一緒くたにされる程度の戦力しか持たないペトレリカを軸に動いていると言うのも、考えてみれば奇妙な構図ですね。

 一方ガユスはと言いますと、そんな『災害』に対して同業者の咒式士達をかき集めますが、対抗手段というのは戦力的にほど遠い事を、追い詰められた状況ながらも冷静に判断しているのが痛々しいですね。それでもつけいる隙を探して思案を巡らし、打てる限りの手を打っていきますが、他の使徒達相手にも苦戦を強いられる有様。決して弱くはないどころか、一般的な尺度で言えば強い方に属するはずなのですが、立たされている状況があまりにも別次元過ぎるんですね。
 更に別次元と言えば、過去にわずかな台詞でしか見なかったザッハドがこの巻で再登場しますが、これがまた使徒達に輪を掛けて数多の罪を重ねた末か、悟りの境地に似たたたずまいを為していて、特別捜査官やガユス達を前にしても自分の世界、ルールで動いている、ある意味とても大犯罪者らしいキャラクターでしたね。

 とにかく読んでいくうちに色々な意味で『最悪』な展開が繰り広げられまして、アンヘリオ、カジフチ、ロレンゾの争い程度はまだ予想の範疇かも知れませんが、進めば進むほど予想を超えていきます。もちろん悪い方向でです。
 ただでさえ本の厚みがある上に、そんな『最悪』を超えて『最悪』な展開ですから、読み終えるまで時間が掛かれば気力も要る事を、前もって書いておきます。
 さて、次巻はどこまで『最悪』な展開が待っていますやら……
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
されど罪人は竜と踊る 11: Waiting Here to Stop the Noisy Heart (ガガガ文庫)
小学館
2012-05-18
浅井 ラボ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by されど罪人は竜と踊る 11: Waiting Here to Stop the Noisy Heart (ガガガ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
されど罪人は竜と踊る11巻の感想レビュー(ライトノベル)
ガガガ文庫のラノベ、『されど罪人は竜と踊る(11)Waiting Here to Stop the Noisy Heart』(浅井ラボ先生原作、宮城先生イラスト)が発売中です。 今回も600ページを超える超極太仕様で読み応え満点&大満足の1冊に仕上がっていて胸熱♪ お話的には、血の祝祭でもはや... ...続きを見る
gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
2012/06/16 21:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
浅井ラボ されど罪人は竜と踊る11Walting Here Stop The Noisy Heart たかいわ勇樹の徒然なる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる