たかいわ勇樹の徒然なる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS うえお久光:原作 綱島志朗:作画 紫色のクオリア第1巻

<<   作成日時 : 2012/03/04 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 ライトノベルやSFの世界では高い評価を受け、こちらのブログでも紹介した、うえお久光の小説「紫色のクオリア」が、小説のイラストを担当した綱島志朗の手によって漫画化されているとネットで知ってましたが、先日単行本が出たのでネットで注文し、本日ようやく届きましたので、早速紹介と感想を書こうと思います。

 この作品は自分以外の人間がロボットに見えるという女子中学生・毬井ゆかりを、彼女の友人である波濤学の視点から語る形式で、多分こちらの記事を読んでいる方は原作を読んでいる方が大部分だと思いますが、ストーリーの紹介は小説の感想記事へのリンクを貼っておきますのでそちらを参考にして下さい。

http://ytakaiwa.at.webry.info/201105/article_12.html

 と言うわけで、こちらでは漫画の方についての感想を書こうと思います。
 と言いましても、筋書きは原作をほぼ忠実になぞっていて、原作のイメージを漫画で補完しているというのが正直な感想です。ええ、もちろん天条七美のゆかりに対するイジりのシーンもしっかり描いてあります。なので、月刊コミック電撃大王の連載を見ていない方で、こちらの単行本を買おうかなと思っている方には、原作を外れていないので大丈夫と書いておきます。
 ただ、原作にあった、刑事がゆかりに殺人現場の写真を見せるシーンなど、かなりショッキングだったシーンもしっかり描いてまして、良くも悪くも本当に原作に忠実なコミカライズと言えます。

 ちなみにこちらの第1巻には原作の「毬井についてのエトセトラ」のストーリーがピッタリ収録されていまして、次巻から様々な方面で話題になった「1/1,000,000,000のキス」のストーリーが展開されていくようですが、あのスケールが広がる所まで広がった話をどこまで漫画で表現できるか、不安と期待が半々です。
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
紫色のクオリア 1 (電撃コミックス)
アスキー・メディアワークス
2012-02-27
うえお 久光

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 紫色のクオリア 1 (電撃コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
うえお久光:原作 綱島志朗:作画 紫色のクオリア第1巻 たかいわ勇樹の徒然なる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる