たかいわ勇樹の徒然なる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 西尾維新 零崎双識の人間試験

<<   作成日時 : 2012/01/03 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 昨年の冬コミに参加した皆さん、この3が日で疲れは取れたでしょうか?
 さて、私は毎回コミケの際、開場前行列の待ち時間を潰す為に本を持って行くのが通例になってますが、今回はmixiアプリやtwitterもあったので、本は文庫本1冊で済みました。それがこちらで紹介と感想を書く、先月の下旬にコミック版と一緒に文庫版が発売された、西尾維新先生の小説「零崎双識の人間試験」なのですが、実は西尾先生の小説を買って読むのはこれが初めてだったりします。意外と思うかも知れませんが、事実ですから驚いて下さい(笑)。

 何事にも深入りせず、重大事はひたすら避ける生き方をしてきた女子高生、無桐伊織はひょんな事からクラスメイトを殺してしまい、それをきっかけに平凡な日常から遠ざかっていくという物語ですが、ライトノベルでは『平凡な日常から非日常へ』移行していくストーリーはプロセスこそ沢山ありますが王道のパターンですよね。
 では西尾先生の作品が何故ライトノベルの世界で高い評価を得ているかと問われれば、やはり会話のボキャブラリーの豊富さと、二つ名のセンスによるものと、私を含め多くの読者が思う所でしょう。
 実際、こちらの本1冊だけでもそれらの特色が余す所なく書き出されていまして、コミック版を見たのがきっかけで小説文庫版を買ったと言うなら決して損はしないでしょうし、戯言シリーズの外伝作品だそうですけど、西尾先生の作品を読む1冊目にしても良いと思いますよ、私的に。
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
零崎双識の人間試験 (講談社文庫)
講談社
2011-12-15
西尾 維新

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 零崎双識の人間試験 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
西尾維新 零崎双識の人間試験 たかいわ勇樹の徒然なる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる