たかいわ勇樹の徒然なる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 冲方丁 テスタメントシュピーゲル1

<<   作成日時 : 2010/01/03 00:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 今夜はもう1冊、本の紹介をいたします。次は冲方丁先生の小説「テスタメントシュピーゲル」です。

 これまで角川スニーカー文庫で「オイレンシュピーゲル」、富士見ファンタジア文庫で「スプライトシュピーゲル」の2シリーズが、同じ時代の同じ街を舞台に進行していましたが、いよいよ1シリーズに合流して最終章が始まりました。比較的重くハードな展開が繰り広げられていた角川スニーカー文庫で進行することから、当然重くハードな展開になるだろうと予想は付いてましたが、まさか冒頭シーンで涼月が拳銃自殺を図るとは、初っ端から強烈なパンチを喰らいましたよ。
 それから時間が少しさかのぼって本編が始まりますが、MPBの3人──涼月、陽炎、夕霧はそれぞれ分かれてある時は捜査し、ある時は戦いますが、その中で彼女達は自分達の過去と向き合うことになります。そして時には3人が集まり、時にはMSSの3人と交わりながら戦いを続けていきますが、どんな過程であの冒頭シーンに行き着くのか、そしてその続きはどうなるのか気になりますからどんどんページが進みます。
 そして彼女達は絶望的な事実を知り、絶望的な事態に陥ることになりますが、その中で僅かな可能性に希望を見出していくライトノベルの王道は健在なので、その辺は安心して大丈夫ですよ!

 あと、この巻ではMPBの3人を軸にして物語が進みますが、同時進行で鳳達MSSの面々が時折関わってきますので、次の巻ではその時MSS側ではどう動いていたかが書かれるでしょう。て言うか、書いてくれないと気になって仕方ないんですが。

テスタメントシュピーゲル 1 (角川スニーカー文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
冲方 丁

ユーザレビュー:
相変わらずの文章感想 ...
冲方丁、最後のライト ...
ただ知りたかった/試 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
冲方丁 テスタメントシュピーゲル1 たかいわ勇樹の徒然なる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる