たかいわ勇樹の徒然なる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008年夏コミ 2日目終了後〜3日目

<<   作成日時 : 2008/08/18 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先程2008年夏コミ2日目のコスプレレポートをアップしまして、通常なら3日目のコスプレレポートなのですが、今回は2日目終了後から3日目にかけて色々ありましたので、そちらについても書きたいと思います。コスプレの方を期待していた皆さんには申し訳ありませんが、後でちゃんと書きますのでどうかお待ち下さい。

 まずコミケ2日目が終わってから、赤羽で行われるおたべ家OFF会に行ってきました。
 とは言うものの、私が赤羽に到着した時には集合時間までまだ随分時間に余裕がありましたので、赤羽駅構内の喫茶店で例のミニノートパソコンEee PC901-Xを使って1日目の帰宅後に加入したワイヤレスゲートへの接続を試したり(で、失敗しました。現在原因を調査中)、コスプレレポートの文章を書いたりしてました。
 集合時間の7時が近づくと、去年のOFF会や番長CONで見知った顔が自然と集まりまして、TEAS事務所の岩田さん、そして寺田先生が来る頃には既に参加者の大多数が集まってました。
 というわけで、時間になると寺田先生たちに皆でゾロゾロと付いて行き、前回と同じお好み焼き屋に着くと、同じ座敷に入ります。
 皆が思い思いに席に着き、最初に飲み物を注文すると、まずは寺田先生の挨拶があって、先生の音頭で乾杯します。それから参加者が一人一人が自己紹介をするのですが、古参の方から今回が初めてという方まで、実に多彩な顔ぶれが揃ってます。
 で、一通り自己紹介が終わりますと、後は自由にお喋りの時間となります。前回と同じくアルコールは出ませんでしたが、場の雰囲気と、1日目からの疲れのせいか妙な具合にハイになって、早い話が場に酔ってしまい、本当は外に話さない方がいいんだけどでも誰かに自慢したくて話したり、空気読まない発言をウダウダ喋ったり、後で思い出したら「しまったぁぁぁぁっ!」と後悔することばかりやらかしてしまいました。寺田先生及び他の参加者の皆さん、本当にすみませんでした(汗)。
 そうそう、それからお好み焼き屋を出て解散直前、TEAS事務所編集による書籍、萌え萌えシリーズが参加者全員に1冊ずつ配られまして、私は「萌え萌え天使辞典Side白」を頂きました。参加費2400円なのに税込1500円もする本をあげちゃって大丈夫なのかというツッコミが当然出ましたけどね(笑)。

 さて、そんなこんなでOFF会が終わり、二次会組と別れて家へ帰る途中、いきなり友人から携帯が入ります。
 何だろうと思って出ますと、その人と共通の友人のD-Nak.さんが3日目に参加するサークルで人手が足りなくなったので、助っ人に出られないかということでした。急な話でしたけど、一度売る側で参加するのもいい経験だと思いましたし、サークル入場もできるということでしたから即OK。早速D-Nak.さんとも連絡を取って、待ち合わせなどについて話します。で、家に帰ると慌しく風呂や3日目の準備をして寝ました。

 というわけで迎えた3日目。
 足を中心に疲れが残っていたので行きがけにゼナを買い、国際展示場前駅に着くたらグイッと飲み干します。間もなくD-Nak.さんともう一名の方と合流すると、D-Nak.さんからサークル入場チケットを受け取り、一般入場者の列を尻目にサークル入場のルートで会場入りします。
 一般入場者が入る前のコミケ会場がどんなものか、サークル入場の経験がない人はきっとガラガラだと想像するでしょう。私たちが入ったのはサークル入場の締切である9時近くで、そりゃあ開場後のように寿司詰め状態ではありませんけど、サークルの数自体が膨大なのですから結構人がいます。
 ともあれ割り当てられた場所へ行き、急いで設営準備を済ませますと、長時間並ばされそうな大手サークルの所へ行こうとしますが、主催者側から各ホールの出入口を封鎖したというアナウンスが。開場前行列には主催者側も悩まされていると話には聞いてましたが、果たしてどれだけ効果があるのやら。実際、10時に開場するや、スタッフが叫んで注意しているにも関わらず、一般参加者の先頭グループが走って入ってきましたし。
 私はといえば、出入口の封鎖で身動き取れないでいましたが、開場するやすぐ目的のサークルに向かいまして、いくらか並ばされはしたものの比較的早くそのサークルの新刊を入手できました。その後も順調にサークルを回り、今回の夏コミは目的のサークルが3日目に集中していましたが、午前中のうちに予定のサークルを回り終え、ちょうど正午にD-Nak.さんたちが売り子を務めるサークルに戻って来れました。
 それからおよそ1時間ほどサークルの方がお昼等に行く間、D-Nak.さんと一緒に売り子を務めました。これまでコミケで売る側に立ったのは1回だけ、それもコピー本を作っただけで売るのは他の方のサークルに委託してましたから、実際に売るのは今回が初めてです。品物については事前に何の説明も受けてませんでしたが、これまで他のサークルで買ってきた時の売り子の対応などを思い出しながら、本の詳しい説明はD-Nak.さんに任せ、私は簡単な呼び込みと、商品とお金の受け渡しなどをやってました。
 で、1時が近づくと食事に出ていた方が帰って来たので交代して、私も昼食を取りコスプレの撮影に行って参ります。

 撮影した写真は別記事で紹介するとしまして、この日は前2日とは打って変わって朝から空に厚い雲が立ちこめてまして、2日目も途中から曇ったり、時々雨が降ったりもしましたが、この最終日は最初から良く言えば涼しい、悪く言えば肌寒かったです。朝飲んだゼナも午後になると効き目が切れてきたのか体に疲れが回ってきた感じで、冷え込みも加わって一時期咳き込むことも。これはいけないと思い、何か手っ取り早くエネルギーを補給できる物をと撮影の途中で一度建物の中に入ります。まあ何ですね、夏コミでホットココアを飲むことになるとは思わなかったと書いておきます。
 3時近くになると雨足も段々強くなって、コスプレ広場も3時で終わるということだったので、またサークルに戻り、まとまった分の売れ残りを宅配便にまとめるなど撤収準備を進めるD-Nak.さんに代わって売り子を務めます。この時間になると事前に行くサークルをチェックしていた人も大体回り終わっているので売上のペースも落ち込みますが、それでも最後まで声を上げて売り込みをしました。
 で、4時になると会場内にチャイムとアナウンスが流れ、2008年夏のコミックマーケットは全日程終了となりました。
 まあ正味2時間弱ではありましたが、売り場に立って本を売るのは楽しかったです。
 それから粛々と撤収作業を済ませ、会場を後にします。

 で、国際展示場駅でD-Nak.さんたちと別れますと、私は一人踵を返してTFTへと向かいます。
 分かる人には何の目的か分かると思いますが、その辺の詳しいことは後ほど別記事で書くことにします。
 とりあえず次は、夏コミ3日目のコスプレレポートにかかりますので。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2008年夏コミ 2日目終了後〜3日目 たかいわ勇樹の徒然なる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる